タイトル等
加守田章二 展
会場
京都国立近代美術館
会期
2005-05-31~2005-07-10
休催日
毎週月曜日
開催時間
午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
金曜日は午前9時30分~午後8時(入館は午後7時30分まで)
観覧料
一般 1200円(1100円、1000円)
大学生 800円(700円、600円)
高校生 600円(500円、400円)
中学生以下 無料
※( )内は前売、団体料金
※団体は20名以上
主催者
京都国立近代美術館、朝日新聞社
概要
20世紀後半の陶芸界に、異色の才能を燦然と輝かせた陶芸家・加守田章二
(1933-83年)の作陶の全容を紹介する回顧展です。加守田は、大阪府岸和田市に生まれ、京都市立美術大学卒業後、日立製作所関連の製陶所などを経て、1959年栃木県益子町に窯を借りて独立し、本格的な作陶生活を始めました。1961年には鉄釉作品で日本伝統工芸展に初入選したのを皮切りに頭角を現し、1967年には陶芸家初の高村光太郎賞を受賞しました。以後、曲線彫文、彩陶など新境地を次々と発表、1974年には40歳の若さで、芸術選奨文部大臣新人賞を受賞しました。デザインを研究し、独創的な器形を広く展開した加守田は、従来の陶芸の概念を超え、多くの人を引きつけました。本展は、鬼才加守田の作陶を検証する展覧会です。
ホームページ
http://www.momak.go.jp/
展覧会問合せ先
代表:Tel.075-761-4111 テレホンサービス:Tel.075-761-9900
会場住所
〒606-8344
京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
交通案内
□JR~バスをご利用の方
■JR・近鉄京都駅前(A1のりば)から
市バス5番 岩倉行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

■JR・近鉄京都駅前(D1のりば)から
市バス100番(急行) 銀閣寺行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

□阪急電鉄・京阪電鉄~バスをご利用の方
■阪急烏丸駅・河原町駅、京阪三条駅から
市バス5番 岩倉行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

■阪急烏丸駅・河原町駅、京阪祇園四条駅から
市バス46番 平安神宮行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

□市バス他系統ご利用の方
「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車徒歩5分
「東山二条・岡崎公園口」下車 徒歩約10分

□地下鉄ご利用の方
地下鉄東西線「東山」駅下車 徒歩約10分


□お車でお越しになる方
当館には、一般のお客様にご利用いただける駐車場がございません。
近隣の有料駐車場施設のご利用をお願いいたします。

有料入館者は、駐車券を持参いただくと駐車場の割引(1台1名)が受けられます。ご来館の際、1F受付に駐車券をお持ちください。
※割引は合計より200円引きとなります。
ホームページ
http://www.momak.go.jp/
会場問合せ先
京都国立近代美術館:Tel.075-761-4111
テレホンサービス(展覧会のご案内):Tel.075-761-9900
京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索