タイトル等
竹喬の筆跡
会場
笠岡市立竹喬美術館
会期
2006-02-11~2006-04-23
休催日
毎週月曜日
開催時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
観覧料
一般500円(400)
高校生300円(200)
市外小中学生150円(90)
( )内は団体20名以上
概要
竹喬が75年におよぶ画業の歩みの中で遺したさまざまな「筆跡(ふであと)」を紹介する展覧会です。
書の世界で、漢字書体の楷書(かいしょ)、行書(ぎょうしょ)、草書(そうしょ)を「真行草」と総称しますが、絵画の世界においても用いられます。竹喬の画風は、折々の変遷があるとはいえ、およそ真体から出発して行体へと移り、再び真体に戻ったように思えます。そして彼の書風もこの画風の変化に沿うものです。
竹喬は、自らの芸術観や人生観を格言的に揮毫(きごう)するということはありませんでした。今回の展示では、竹喬が自詠の俳句を記した短冊、また自詠句に季節の草花を添えた扇面や色紙を中心に、画風の変化と連動した落款や箱書き、さらには笠岡の先人のために記した石碑の拓本(たくほん)、そしてまた彼の人柄を物語る書簡や葉書など約50点の作品と資料により、その素朴な筆跡を楽しんでいただきたいと思います。


*清水比庵(しみずひあん)の新規寄託30点も同時に展示予定です。
ホームページ
http://www.city.kasaoka.okayama.jp/site/museum/
展覧会問合せ先
TEL 0865-63-3967 FAX 0865-63-4496
会場住所
〒714-0087
岡山県笠岡市六番町1-17
交通案内
山陽自動車道 笠岡I.C.から 15分

JR山陽本線 笠岡駅から
・タクシー 5分

・徒歩 25分

・笠岡駅前4番のりば
神島(こうのしま)循環 / 乗時(のりとき)行き / 美の浜(みのはま)行き
「市民会館・竹喬美術館前」下車すぐ
所用5分・150円
ホームページ
http://www.city.kasaoka.okayama.jp/site/museum/
岡山県笠岡市六番町1-17
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索