タイトル等
竹喬の表紙絵と挿絵
会場
笠岡市立竹喬美術館
会期
2005-04-01~2005-04-24
休催日
毎週月曜日(ただし祝日にあたる3月21日は開館し、翌22日は休館します)
開催時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
観覧料
一般500円(400)
高校生300円(200)
市外小中学生150円(90)
( )内は団体20名以上
概要
風景画家として知られる小野竹喬は、挿絵や表紙絵といった仕事にも携わっていた。
新聞社よりの依頼をうけ、大正5年には<飛越山中>と題する紀行文を、また昭和3年には同門の画家土田麦僊(つちだばくせん)と共に<瀬戸内海絵行脚>を連載している。いずれも実際に各地をめぐって挿絵を描き、自身の手による紀行文をよせたものである。同一の人物による文章と絵とは互いに補いあい、緑濃い五箇山(ごかやま)周辺、或いは陽光あふれる瀬戸内の、豊かで生き生きとした印象を伝えてくれる。
戦後の仕事としては、大佛次郎(おさらぎじろう)による新聞連載小説<天皇の世紀>のための挿絵群がある。「絵はさしえでなくてかまわない。・・・明治をよく知っておられる方に、自由に描いていただけたら」という大佛の注文によって、明治の懐かしい風物や花鳥を扱った愛すべき作品が数多く生み出された。竹喬はこの新聞の片隅の小さな挿絵のためにもスケッチを行ったり草稿を作ったりしている。
これらの竹喬による挿絵は、文章とともにあっては互いに響きあって内容を豊かにし、文章と離れてもそれのみで独自の魅力を放っている。このたびの展示ではこれらの挿絵や、谷崎潤一郎、川端康成らの本の表紙を飾ったデザイン的な表紙絵原画など、初公開作品を含む150点を展示して、本画とは異なる仕事に示された竹喬の感性に触れてみたい。
ホームページ
http://www.city.kasaoka.okayama.jp/site/museum/
展覧会問合せ先
TEL 0865-63-3967 FAX 0865-63-4496
会場住所
〒714-0087
岡山県笠岡市六番町1-17
交通案内
山陽自動車道 笠岡I.C.から 15分

JR山陽本線 笠岡駅から
・タクシー 5分

・徒歩 25分

・笠岡駅前4番のりば
神島(こうのしま)循環 / 乗時(のりとき)行き / 美の浜(みのはま)行き
「市民会館・竹喬美術館前」下車すぐ
所用5分・150円
ホームページ
http://www.city.kasaoka.okayama.jp/site/museum/
岡山県笠岡市六番町1-17
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索