タイトル等
岩合光昭写真展
輝く地球、鼓動する生命
会場
郡山市立美術館
会期
2005-10-29~2005-12-25
休催日
毎週月曜日
開催時間
午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般500(400)円 高校・大学生300(240)円 ( )内は20名以上の団体料金
中学生以下、65歳以上、障がい者手帳をお持ちの方は無料
主催者
郡山市立美術館
概要
いまもっとも親しまれている動物写真家・岩合光昭は、1980年代広大なアフリカの草原に家族で移住、雨期と乾期を繰り返すダイナミックな自然とそこに暮らすライオンやヌーの群れなどを撮影しました。最近では、峻険な山々が連なる中国山岳地帯にパンダを追い、そのふもとの農村で人々の暮らしと密接に生きるトキにレンズを向けています。
どんな過酷な自然環境のもとへも実際に足を運び、そこに生きる動物たちと同じ目線に自分を置いて撮影する――過度な思い入れではなく、自然にありのままの姿を写し出そうとする写真家は、同じ地球に生きる仲間として共感と愛をもって動物たちを見ています。
岩合の写真は、地球のあらゆる地域をフィールドにして、美しく豊かな地球とそこに生きる仲間たちが写し出されています。それはときには絶滅に瀕した野生動物であり、またときには路地裏や田舎道で出会った猫たちであり、極寒の地で暮らすホッキョクグマが束の間の夏を謳歌するように花畑でくつろぐ姿なのです。
私たちが暮らす美しい地球と私たちの仲間である生きもの――その美しさや力強さは、きっと私たちが忘れかけていた大切なものを気づかせてくれることでしょう。
ホームページ
http://www.city.koriyama.fukushima.jp/bijyutukan/index.html
展覧会問合せ先
TEL 024-956-2200
会場住所
〒963-0666
福島県郡山市安原町字大谷地130-2
交通案内
郡山駅より 約4キロ

乗用車
・ JR 郡山駅より 約10分
・ 仙台、会津若松、新潟、いわき、水戸方面からは、
磐越自動車道 「郡山東I.C.」より 約20分
・ 白河、宇都宮、東京方面からは、
東北自動車道 「郡山南I.C.」より 約20分

JR線
・ 東北・秋田・山形新幹線、東北本線、磐越東西線、水郡線で郡山駅下車。
・ 東京駅から郡山駅まで 新幹線で約1時間20分です。

バス
・ 郡山駅前バス 5番乗り場より
「美術館経由 東部ニュータウン」行き (所要時間 約10分)
・ 郡山市美術館バス停から美術館までは、歩いてすぐ(約1、2分)です。
※バス時間は変更になることがあります。

福島空港
・ 札幌、大阪(伊丹)から直行便があります。
・ 福島空港からJR郡山駅まで リムジンバス約40分。
ホームページ
http://www.city.koriyama.fukushima.jp/bijyutukan/
福島県郡山市安原町字大谷地130-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索