タイトル等
鈴木らかんとらかんスタジオ
1920’sニューヨークの手触り
会場
武蔵野市立吉祥寺美術館
会期
2005-10-01~2005-10-30
休催日
10月26日(水)
開催時間
10:00~19:30
観覧料
100円(但し、小学生以下・65歳以上・障害者は無料)
主催者
主催:武蔵野市立吉祥寺美術館
協力:(有)らかんスタジオ
(社)日本写真文化協会
概要
鈴木清作(1893-1964)は、横浜で写真を学んだ後1914年に渡米、1921年ニューヨークに写真家・中山岩太とらかんスタジオを創業し、制作活動を行いました。1930年に帰国後は吉祥寺でらかんスタジオを再開しています。
本展では、鈴木らかん清作が最も充実した写真家人生を過ごした1920年代のニューヨークでの作品を主に展示・紹介します。
主な出品作品
野口英世、国吉康雄、石垣栄太郎・綾子夫妻の肖像画、サロン出品作品、各種ポートレート、ニューヨ-ク風景、その他関連資料等 合計70点。
ホームページ
http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/index.html
展覧会問合せ先
0422-22-0385
会場住所
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 FFビル(コピス吉祥寺A館)7階
交通案内
JR中央線、京王井の頭線「吉祥寺駅」下車徒歩約3分。
美術館専用の駐車場はありません。
ホームページ
http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 FFビル(コピス吉祥寺A館)7階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索