タイトル等
十河雅典の世界展
会場
茨城県つくば美術館
会期
2005-10-08~2005-11-06
休催日
月曜休館 ただし10月10(月・祝)は開館、翌日休館
開催時間
午前9:30~午後5:00(入場は午後4:30まで)
観覧料
一般380(320)円 高校・大学生280(220)円 小学・中学生180(120)円 ( )内は20名以上団体料金 毎週土曜日 高校生以下無料 その他免除規定の詳細は美術館までお問い合わせください。
概要
十河雅典は、今日最も先鋭な作風で、現代日本の社会状況と濃密にかかわりあうメッセージ性の強い絵画作品を制作しています。
氏は昭和18年東京に生まれ、麻布高校から東京藝術大学工芸科(ビジュアル・デザイン)に進み、大手広告代理店に就職、大企業の広告制作にかかわりましたが、より自由な表現活動を模索して退社、昭和50年より茨城大学で美術教育に携わりました。現在,日本の社会・思想・大衆を芸術家の眼で捉え,現代絵画の新しい領域を開拓しています。
氏の作品には躍動・狂喜・乱舞する強烈な色彩と猛烈な筆法が見られ、画面の中に文字や記号を意図的に大胆に持ち込むなど、絵画表現の限界にも果敢に挑戦しています。氏が絵画にこめたメッセージには休みなく前進してきた現代日本社会へのアイロニーやユーモアとともに、十河流の叱咤激励も見られます。
当館は、現代日本と歩みをともにしてきた、東京生まれで本県在住の現代美術家・十河雅典の作品を紹介することで、新しく東京と茨城とをつなぐつくばエクスプレス開通の記念事業とします。
ホームページ
http://www.tsukuba.museum.ibk.ed.jp/
展覧会問合せ先
TEL 029-856-3711 FAX 029-856-3358
会場住所
〒305-0031
茨城県つくば市吾妻2-8
交通案内
■つくばエクスプレス:
「秋葉原駅」より快速45分、終点「つくば駅」下車、A2出口から徒歩3分

■JR常磐線:
「土浦駅」または「ひたち野うしく駅」下車、バス「筑波大学中央」「つくばセンター」行き、「つくばセンター」下車、徒歩3分

■高速バス:
JR東京駅八重洲南口から「筑波大学」「つくばセンター」行き(約90分)、「つくばセンター」下車、徒歩3分

■車:
常磐自動車道「桜土浦」インター、あるいは圏央道「つくば中央」または「つくば牛久」インターからつくば方面へ。
指定駐車場[南2]または[北2]に駐車の上、駐車券を受付にお持ちください。1時間(土曜講座への参加は2時間)の割引処理をいたします。

*身体障害者専用駐車場があります。詳しくは美術館までお問い合せください。
*文化会館アルス向かいの法人職員駐車場には駐停車できません。
ホームページ
http://www.tsukuba.museum.ibk.ed.jp/
茨城県つくば市吾妻2-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索