タイトル等
「グリム兄弟」展
会場
北海道立旭川美術館
会期
2005-09-17~2005-11-06
休催日
月曜(但し、祝日の場合は開館し、翌火曜日が閉館)
開催時間
9:30~17:00(入場は16:30まで)
観覧料
一般:1,000(600)円
高大生:600(400)円
中学生以下:無料
※( )内は前売りおよび10名以上の団体料金
主催者
北海道立旭川美術館、「グリム兄弟展」旭川市民実行委員会、北海道新聞社
概要
グリム童話を知っていますか?
グリム童話は、ヤーコブ(1785~1863)とヴィルヘム(1786~1859)のグリム兄弟がドイツに古くから伝わる民話を体系的にまとめたメルヒェン集です。「赤ずきん」「ヘンゼルとグレーテル」「シンデレラ(灰かぶり)」「白雪姫」「ブレーメンの音楽隊」…。これらの有名な物語の題名を聞けば、思い出す人も多いのではないでしょうか。
グリム兄弟の二人はドイツのハーナウに生まれ、ともに大学で法律を学んだ後、図書館員となって、文学、民俗、神話、歴史、法律など多方面の学問を研究し優れた成果をあげました。なかでも、彼らが力を尽くしてまとめあげたドイツ童話集が作られたことが知られています。
本展では、ドイツ・カッセルのグリム兄弟博物館の所蔵作品より、19世紀から現代にいたる、古今のグリム童話集の挿絵や復刻本をはじめ、グリム兄弟に関する資料、身の回り品、日本初公開のエーミール・グリム(グリム兄弟は次男と三男、エーミールは六男)の水彩画、グリム家にまつわる料理レシピなど約290点を展示し、グリム兄弟の生涯とともに、今でも世界中の人々に愛されつづけるグリム童話の魅力を紹介します。
子どもから大人まで世代を越えて親しまれるグリム童話の世界をどうぞお楽しみください。
ホームページ
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.jp/hk-asamu/
展覧会問合せ先
TEL(0166)25-2577 FAX(0166)25-2539
会場住所
〒070-0044
北海道旭川市常磐公園内
交通案内
[徒歩]
JR旭川駅から徒歩20分

[バス]
JR旭川駅北側の1条通の14番バス停(1条8丁目)から、3・13・23・24・33・35番のバスに乗車。もよりのバス停は4条4丁目(3・33・35番)、徒歩5分。または8条西1丁目(13・23・24番)、徒歩3分。また、常磐公園前を経由するバスもご利用いただけます。バス停から徒歩7分。

[タクシー]
旭川駅前から約10分
ホームページ
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/abj/top.htm
北海道旭川市常磐公園内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索