タイトル等
カラフル!
こどもとおとなの美術入門
会場
群馬県立近代美術館
会期
2005-07-30~2005-09-04
休催日
8月15日を除く月曜日
開催時間
午前9時30分~午後5時(入館は閉館30分前まで)
観覧料
一般400(320)円 大高生200(160)円
※( )内は20名以上の団体割引料金
中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
概要
今年の夏の「こどもとおとなの美術入門」のテーマは「色」です。
自然の中に存在する色、人工的に作成された色など、世の中には数限りない色があります。また象徴的な意味を込めた印として、区別を明確にするものとして、昔から色は様々な用途で用いられてきました。そして現代の私たちにとって、色は、例えばインテリアや衣服など身の周りの物を選択する時に、欠かすことのできない判断材料となります。同じように美術作品の鑑賞においても、視覚を通して人間の内面に直接訴えかける色は、作品の印象を決める上で重要な要素の一つにあげることができます。
そうした「色」をテーマとする今回は、ある一つの色が印象的な作品をはじめとして、色の組み合わせによる視覚効果を追究した作品、多数の色を用いることで作品の力強さや勢いを感じさせる作品など、色について考えることのできる平面・立体作品を約40点ご紹介します。中には、鑑賞する人が参加することによって、色が変化してゆく作品なども展示されます。
なお本展覧会は、子どもだけでなく美術になじみのない大人の方にも美術鑑賞への敷居を低く感じてもらい、より多くの方が美術に親しみ、美術と出会う機会となることを目指し、「色」という身近な切り口により開催するものです。
また今回は、誰もが気軽に参加できるワークショップも会場内で実施いたします。



[出品作家] 靉嘔、秋岡美帆、天利道子、伊庭靖子、今井俊満、大塚泰子、押江千衣子、小野田賢三、木村忠太、駒形克己、志村ふくみ、白髪一雄、菅井汲、山口薫、李禹煥、カレル・アペル、ジョセフ・アルバース、アンディ・ウォーホル、ニルス・ウド、アンソニー・カロ、フランク・ステラ、ヘルベルト・ハマック、サム・フランシス、ブリジット・ライリー、モーリス・ルイス
ホームページ
http://www.mmag.gsn.ed.jp/
展覧会問合せ先
027-346-5560
会場住所
〒370-1293
群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内
交通案内
[自動車]
■ 上信越自動車道の 「藤岡I.C.」高崎方面出口より出て、県道13号線を前橋方面に約10分。
■ 関越自動車道 「高崎玉村スマートI.C.」(ETCのみ)より出て高崎方面に向かい、県道13号線を藤岡方面に約8分。
■ 北関東自動車道 「前橋南I.C.」より県道13号線を藤岡方面に約15分。
■ 県立公園「群馬の森」の大駐車場をご利用ください(無料)。 大型バス複数台駐車可能。(要予約)
*公園閉園後の駐車場の利用はできません。
県立公園「群馬の森」 開園時間: 4月~9月:7時30分~18時30分 / 10月~3月:8時~17時30分

[タクシー]
■ JR 高崎駅東口より 約20分
■ JR 新町駅より 約10分

[電車・バス]
■ JR 高崎線・湘南新宿ライン または 上越・北陸新幹線で 高崎駅下車 (新幹線は東京駅より約60分)。
JR 高崎駅東口より、市内循環バスぐるりん 「群馬の森線」 9系統(約38分)、10系統(約26分)、または「岩鼻線」 15系統(約25分)で、いずれも「群馬の森」下車。(200円)
ホームページ
http://mmag.pref.gunma.jp
群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索