タイトル等
株式会社岡住FAVOLプレゼンツ
インド独立75周年・日印国交樹立70周年
ヒンドゥーの神々の物語
会場
岡山市立オリエント美術館
会期
2022-07-16~2022-09-11
休催日
月曜日 ※7月18日(海の日)は開館し、7月19日(火)は休館
開催時間
9:00~17:00
※入館は午後4時30分まで
観覧料
一般1,000(800)円、65歳以上の方・高校/大学生800(600)円、小中学生500円
*( )内は前売り料金、20名以上の団体は各200円引 *障害者手帳をお持ちの方とその付添の方1名は無料 *その他各種割引は当館へお問い合わせください。
*前売券※は当館受付、当館周辺ギャラリー、プレイガイド、コンビニ店頭でお求めください。
セブンチケット(セブンコード095-696)/ローソンチケット(Lコード61318)/チケットぴあ(Pコード686-120) ※前売券の販売は7/15までです。
主催者
岡山市立オリエント美術館、RSK山陽放送
協賛・協力等
協力|在大阪・神戸インド総領事館
後援|岡山県、岡山県教育委員会、岡山市、岡山市連合町内会、岡山市連合婦人会、岡山市PTA協議会、公益社団法人岡山県文化連盟、岡山オリエント協会、岡山市立オリエント美術館友の会、山陽新聞社、朝日新聞岡山総局、読売新聞岡山支局、毎日新聞岡山支局、中国新聞備後本社
特別協賛|株式会社 岡住 FAVOL
概要
ヒンドゥーの神々といえば、どのような姿を思い浮かべるでしょうか。たとえば、破壊と創造の神シヴァ、変幻自在な神ヴィシュヌ、美しい女神ラクシュミーなど、神話とともに伝えられてきたその姿と超絶パワーは、古代から人々の熱烈な信仰を集めてきました。果たしてこうした神々のイメージは、いつ・どのようにして広がったのでしょうか。
本展は、長年にわたりインド大衆宗教図像を蒐集してきた黒田豊コレションを核に、福岡アジア美術館、古代オリエント博物館、平山郁夫シルクロード美術館などのコレクションを加え、ヒンドゥーの神々のイメージの変遷を古代から現代までたどる展覧会です。
古くは先史インダス文明の出土品や女神像にはじまり、17世紀以降の優美なインド更紗やガラス絵、大衆文化を彩った民俗画、ヴァルマー・プリントと呼ばれる印刷物、現代イラストレーションなど、出品作品は立体・絵画・印刷物・写真など500点以上に及びます。また、こうした神々のイメージは、時代とともに表現される素材・技法・メディアが異なり、それを礼拝する人々の信仰のありようも変化してきました。
本展では、これらの貴重な作品・資料を通して、インド文化の基盤となり、篤く信仰されてきたヒンドゥーの神々とその豊穣なる世界像をさまざまな角度から紹介します。
イベント情報
※問合せ、申込みはオリエント美術館へ

ヒンドゥー教の世界を知る講座

神々とともにある暮らし
―現代ヒンドゥー教徒の生活の現場から―
ヒンドゥー教の神がみの絵画や像が、庶民の生活の現場で「生きて」いる姿を紹介し、現代ヒンドゥー教徒の暮らしや世界観に迫ります。
日時│7月23日(土) 13時30分-15時30分
場所│オリエント美術館地下講堂
講師│三尾稔さん(国立民族学博物館教授)
聴講料│500円(友の会会員300円) ※要申込

インド美術のおもしろ裏ばなし
多彩な姿で表現されてきたヒンドゥーの神がみ。その裏側で作り手たちはどのように神話世界を造形化してきたのでしょうか。19世紀以降のガラス絵や石版画など、その時代背景とともに解説します。
日時│8月27日(土) 13時30分-15時30分
場所│オリエント美術館地下講堂
講師│中尾智路さん(福岡アジア美術館学芸員)
聴講料│500円(友の会会員300円) ※要申込

踊りでみるヒンドゥー神話の世界
ヒンドゥーの神話世界をモチーフにしたインド古典舞踊の公演を開催します。

神話を踊る
日時│7月18日(月・海の日) 11時-、14時-(各回30分程度) ※申込不要、入館料のみ
踊り│福田麻紀さん(バラタナティヤム・ダンサー)

和の架け橋―能舞台で舞うインド古典舞踊―
日時│9月10日(土) 15時-16時40分
場所│能楽堂ホールtenjin9(岡山市北区天神町9-24)
※要申込、無料
踊り│Nalini Toshniwalさん(舞踊家)、
金澤倫子さん(南インド古典舞踊家)

その他のイベント

ヒンドゥーの神さま缶バッジをつくろう!
神さまぬり絵に自分で色をつけてオリジナル缶バッジを作ります。
日時│8月の土曜日・日曜日 13時30分-15時30分
※申込不要、入館料+材料費100円

学芸員によるギャラリートーク
学芸員が展覧会をご案内いたします。
日時│7月16日(土)、8月7日(日)、20日(日)
14時-15時 ※申込不要、入館料のみ

イベントの詳細・実施については、当館および当館ホームページにてご確認ください。
ホームページ
https://www.city.okayama.jp/orientmuseum/0000036490.html
会場住所
〒700-0814
岡山県岡山市北区天神町9-31
交通案内
●JR岡山駅東口より
路面電車「東山」行き約5分、「城下(しろした)」下車、左手すぐ。

●JR岡山駅東口バスターミナルより
宇野バス「片上方面 瀬戸駅、四御神」行き、「表町入口」下車 徒歩1分
岡電バス「藤原団地」行き、「美術館前」下車 徒歩1分

●JR岡山駅東口バス停「ドレミの街前」より
循環バス「めぐりん」県庁・京橋線(Cルート)、「表町入口」下車 徒歩1分

●JR岡山駅東口より 徒歩15分。
ホームページ
http://www.orientmuseum.jp/
岡山県岡山市北区天神町9-31
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索