タイトル等
第90回企画展
館蔵資料から見る 神仙思想と道教
会場
天理大学附属 天理参考館
3階企画展示室
会期
2022-07-13~2022-09-05
※新型コロナウイルス感染予防、拡大防止のため、会期やイベント内容を変更する場合があります。
最新の情報は当館ウェブサイトでご確認ください。
休催日
7月19日(火)、8月9日(火)、8月13日(土)~17日(水)、8月23日(火)、8月30日(火)
開催時間
午前9時30分~午後4時30分
(入館は午後4時まで)
観覧料
大人500円、団体(20名以上)400円、小・中・高生300円(学校団体の見学は無料、事前申込が必要)
※障がい者とその介護者各1名は無料。
受付カウンターに障害者手帳またはミライロIDなどをご提示ください。
主催者
天理大学附属天理参考館
協賛・協力等
後援:天理市・天理市教育委員会・歴史街道推進協議会
協力:日本道教学会、道教文化研究会、東アジア恠異学会、西浦清六本舗、天理大学附属天理図書館
概要
道教は、神仙思想・老荘思想・黄老思想・五斗米道など数多くの思想から影響を受けて成立した多神教で、さまざまな神々が祀られます。また、道教にはいくつもの流派が存在し、その多くは儀礼や修行を経て、長生の存在になることを目的としています。本展では、道教のルーツのひとつとされる「神仙思想」、道士などが目指す「不老長生」、不老長生を実現するために行う「儀礼」、さらに「道教や民間信仰の神々」という4つの視点で当館所蔵資料を展示します。公開される機会が少ない神仙思想に関する考古美術資料と道教関連資料が一堂に会します。これらの資料を通して、神仙思想と道教の世界をご紹介します。
イベント情報
※入館券が必要です。

◇記念講演会「中国考古資料に表現された神仙世界」
講師:青木 智史 氏(奈良教育大学 准教授)
日時:7月16日(土) 午後1時30分~2時30分
会場:天理参考館2階ホール
定員:30名(要事前申込)

◇記念講演会
「道教の不可思議な世界―仙人から疫病払いの儀式まで―」
講師:山田 明広 氏(奈良学園大学 准教授)
日時:8月28日(日) 午後1時30分~2時30分
会場:天理参考館2階ホール
定員:30名(要事前申込)

◇トーク・サンコーカン(講演会)
「道教の儀礼用具と神像―当館所蔵資料を中心に―」
講師:中尾 徳仁(当館学芸員)
日時:8月8日(月) 午後1時30分~2時30分
会場:天理参考館2階ホール
定員:30名(要事前申込)

申込受付開始:7月1日(金)
受付時間:平日 午前9時30分~午後3時
申込方法:一組3名以内で次のいずれかの方法でお申し込み下さい。
・メール san-info@sta.tenri-u.ac.jp
・FAX 0743-63-7721
・受付カウンターにて直接申込み
申込記載内容:①希望する講演会の日付「○月○日」
②氏名・ふりがな
③住所
④電話番号(FAXでお申込みの方はFAX番号も記入)
②~④は申込者全員分をご記入ください。
※定員に達し次第、当館ウェブサイトでお知らせいたします。

「山伏の装束」と「法螺貝」の特別展示
日時 7月26日(火)~30日(土)
展示時間 午前10時~12時、午後1時~3時
会場 天理参考館3階ロビー
※入場料のみでご覧頂けます。
ホームページ
https://www.sankokan.jp/news_and_information/ex_sp/sp090.html
会場住所
〒632-8540
奈良県天理市守目堂町250
交通案内
[電車でお越しになる場合]
JR桜井線 天理駅・近鉄天理線 天理駅 下車

=天理駅より=
[徒歩でお越しになる場合]
約20分

[バスでお越しになる場合]
●桜井駅北口行 天理市庁前下車
進行方向1つ目の信号を左折し 徒歩約8分
天理駅発(平日・土・日祝) 10:00 11:20 12:40 14:05 15:20

●天理大学行(杣之内キャンパス) 通学バス
天理大学より 徒歩約2分
天理駅発 10:30 12:30 14:30
※天理大学行バスの運行日は、普通授業・補講・集中講義・定期試験および学年始め・学年末行事期間のみです。

[自動車でお越しになる場合]
西名阪自動車道から 天理インターより 南へ約3km 守目堂交差点を左へ

名阪国道から 天理東インターより 南へ約3km 杣之内町交差点を右へ

桜井方面から 守目堂交差点を右へ

●駐車場 無料
※期間により駐車場への入場・駐車が規制される場合があります。
ホームページ
http://www.sankokan.jp/
奈良県天理市守目堂町250
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索