タイトル等
令和4年度
秋の特別展
受け継がれてきたもの
―武者小路家ゆかりの名品―
会場
調布市武者小路実篤記念館
会期
2022-10-15~2022-11-27
休催日
*月曜休館
開催時間
午前9時~午後5時
(閲覧室は10:00~16:00)
観覧料
大人 200円 小・中学生 100円
概要
文学者であり、絵や書もかき、新しき村を創設するなど、90年の生涯で幅広く活動した武者小路実篤(むしゃこうじさねあつ)(1885-1976年)。
実篤を起点に武者小路家の過去とその後に目を向け、現在まで受け継がれてきた名品にスポットを当てる。
イベント情報
11.5(土) [講座]「江戸時代の武者小路家―2代・実陰を中心に―」
江戸時代前期、三条西実条(さねえだ)の次男・公種(きんたね)が興した武者小路家は、和歌をもって朝廷に仕える公家でした。中でも2代・実陰(さねかげ)は歌才に秀で、霊元天皇より刺点を受けた書が残ります。本講座では、遥かに実篤へと影響を及ぼした実陰の活動を中心に武者小路家の歴史を探ります。
[講師]林 大樹 氏(学習院大学 助教)
[時間]午後1時30分~3時
[会場]調布市武者小路実篤記念館
[定員]10名 [参加費]無料
[申込み]10月22日(土)必着 *別記方法で
*会場参加に加え、オンラインでライブ配信いたします。10月1日(土)は配信専用の申込みフォームを当館ホームページに開設します。

11.19(土) [講座]「近代の武者小路家―公香、実世、そして実篤の兄・公共―」
近代に入り華族となった武者小路家は、明治20(1887)年に10代当主の実世(さねよ)が早世すると、実篤の兄・公共(きんとも)がわずか5歳で家督を継ぎました。公香(きんか)、実世、そして外務省外交官や宮内省宗秩寮総裁を歴任した公共の活動を中心に、近代の武者小路家について宮内省の公文書からひも解きます。
[講師]篠崎 佑太 氏(宮内庁宮内公文書館 公文書調査室員)
[時間]午後1時30分-3時
[会場]調布市武者小路実篤記念館
[定員]10名 [参加費]無料
[申込み]11月5日(土)必着 *別記方法で
*会場参加に加え、オンラインでライブ配信いたします。10月1日(土)に配信専用の申込みフォームを当館ホームページに開設します。

10.28(金)、11.26(土) 展示解説
[時間]午後1時30分- *45分間程度 [会場]調布市武者小路実篤記念館・展示室
[解説]佐藤 杏(本展担当学芸員) [申込み]不要。当日、直接会場へ。 *入場料のみ

|申込み方法|往復葉書の往信面に①希望する講座名、②応募者全員の氏名(1枚で2名まで)、③年齢、④郵便番号、⑤住所、⑥電話番号、返信面にご自身の宛先を明記の上、締切日必着で実篤記念館までお送りください。詳しくは当館ホームページをご確認ください。
会場住所
〒182-0003
東京都調布市若葉町1-8-30
交通案内
<京王線>
仙川駅 または つつじヶ丘駅下車 徒歩10分

<小田急線>
成城学園前駅より 「調布駅」、または「神代団地」行バス、稲荷前下車 徒歩5分

<お車の場合>
周辺道路が狭いため、中・大型バスをご利用の場合は事前にお問い合わせください。
ホームページ
http://www.mushakoji.org
東京都調布市若葉町1-8-30
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索