タイトル等
世田谷文学館開館25周年記念
セタブン大コレクション展 PARTⅡ
山ありてわが人生は楽し
会場
世田谷文学館
会期
2022-04-09~2022-09-11
●展覧会の会期及び内容が、急遽変更や中止になる場合があります。ご来館前に当館ウェブサイトをご確認ください。
休催日
毎週月曜日 ただし7月18日は開館、翌日休館
開催時間
10時~18時
(展覧会入場、ミュージアムショップは17時30分まで)
観覧料
一般200円/大学・高校生150円/小・中学生、65歳以上100円
※団体料金、障害者割引あり ※企画展開催中は企画展チケットの半券でご覧いただけます。
※世田谷区内在住・在学の小中学生は、土、日、祝日及び夏休み期間中、コレクション展は無料になります。
※4月15日(金)は65歳以上無料 ※館内の混雑状況により、ご入場をお待ちいただく場合があります。
主催者
公益財団法人せたがや文化財団 世田谷文学館
協賛・協力等
後援=世田谷区、世田谷区教育委員会
概要
文学館が収集する資料は多岐にわたります。作家の自筆原稿や創作ノートや手紙、書画類から書籍や雑誌はもとより、ときには1枚の写真や新聞切抜、あるいはお菓子の空き箱や石ころのようなものまで資料として集めることもあります。それらの「モノ」たちの背景には、彼らが創作に携わった日々の想いや、家族や友人たちとの関係、社会や時代とのかかわり、気分転換の方法、そして生老病死と、さまざまなエピソードや歴史が秘められています。
世田谷文学館は一昨年開館25周年を迎えました。この間収集した10万余点の資料の中から特色あるコレクションを「セタブン大コレクション展」として2021年10月からご紹介してきました。今期は「PARTⅡ 山ありてわが人生は楽し」編となります。文学史上貴重な創作資料から作家の日常使いの品まで、コレクションが持つひとつひとつの「モノ」語りをひもとき、私たちの人生の諸相を映し出す確かな記録としてお届けいたします。
会場住所
〒157-0062
東京都世田谷区南烏山1-10-10
交通案内
京王線 芦花公園駅 南口から徒歩5分

小田急線 千歳船橋駅から
京王バス(「千歳烏山駅」行) 「芦花恒春園」下車 徒歩5分
ホームページ
http://www.setabun.or.jp/
東京都世田谷区南烏山1-10-10
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索