タイトル等
合田佐和子展
帰る途もつもりもない
会場
高知県立美術館
会期
2022-11-03~2023-01-15
新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、本展および関連イベントは変更となる場合がございます。最新情報は、当館ウェブサイトをご確認ください。
休催日
12月27日~1月1日
開催時間
9:00~17:00
(入場は16:30まで)
観覧料
一般前売り960円、一般当日1,200円(960円)、大学生850円(680円)、高校生以下無料
※前売兼販売所(11月2日まで販売)=高新プレイガイド、県立美術館ミュージアムショップ、こうち生協(コープよしだ、コープかもべ)、県庁生協売店、ローソンチケット【Lコード:63461】 ※( )内は20名以上の団体料金 ※年間観覧券所持者は無料
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳及び被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)、高知県及び高知市長寿手帳所持者は無料

11.3開館記念日は入場無料!
主催者
高知県立美術館(公益財団法人高知県文化財団)、高知新聞社、RKC高知放送
協賛・協力等
後援 高知県教育委員会、高知市教育委員会、NHK高知放送局、KCB高知ケーブルテレビ、エフエム高知、高知シティFM放送
助成 芸術文化振興基金、公益財団法人花王芸術・科学財団
特別協力 公益財団法人三鷹市スポーツと文化財団・三鷹市美術ギャラリー
協賛 JEANS FACTORY
令和4年度第72回高知県芸術祭共催行事
概要
もう帰る途(みち)もつもりもなかった──晩年の手稿に残した言葉のとおり、立ち止まることなく作風を変化させ、激しくも華やかな生涯を駆け抜けた美術家・合田佐和子(1940~2016、高知出身)。
1965年の個展デビュー以来、合田はオブジェや絵画、写真といったメディアを横断しながら制作活動を展開しました。69年以降は唐十郎や寺山修司による演劇の舞台美術やポスター原画を手掛けるなど、その表現はアングラが隆盛した時代の空気を体現するに至ります。しかし、90年代からはそれまでの退廃的な作風を脱ぎ捨て、内省に基づく独自の制作論の実践へと移行。作品はパステル調の色彩に彩られ、まばゆい光に満たされていきます。

男性作家が大多数を占めていた時代において、社会通念や因習にとらわれない自由奔放な暮らしのなかで花開いた合田の表現は、ファッションや映画、音楽などの領域と高い親和性を示し、様々な分野の表現者から熱く支持されました。一方で、同時代の美術動向や批評の言説からは距離をとり、ひとつのスタイルに留まらずに繰り広げられた仕事は、美術の「正史」への位置付けが困難であるがゆえに個人的・趣味的なものと見なされ、正当に評価されてきたとは言い難い側面があります。

本展は作家の没後初にして、過去最大規模の回顧展です。
現代美術やサブカルチャーの文脈に依拠しない合田の作品群は、その劇的ともいえる作風の変遷をも含め、無二のオリジナリティに支えられています。本展では、初期のオブジェから初公開となる晩年の鉛筆画シリーズまで、300点を超える作品や資料を体系的に検証し、美術家・合田佐和子の全貌に迫ります。
イベント情報
1 本展企画者によるクロストーク
「合田佐和子展が実現するまで」
展覧会を企画した学芸員による対談形式で、本展の企画趣旨から展示制作の裏話までをお話しします。
登壇 塚本麻莉(当館学芸員)、富田智子(三鷹市美術ギャラリー学芸員)
日時 11月3日(木・祝)13:00~14:30
場所 美術館ホール(申込不要、先着順)
参加無料

2 学芸員によるギャラリートーク(要観覧券)
日時 11月3日(木・祝)15:00~
12月18日・2023年1月8日・1月15日(全て日曜)13:30~

3 ゲストレクチャー
「戦後の前衛―合田佐和子と同時代の女性美術家たち」
講師 小勝禮子(近現代美術史・美術批評)
日時 11月6日(日)14:00~
場所 1階 講義室 定員 50名程度(申込不要、先着順)
参加無料

4 サタデーレクチャー
「合田佐和子を語り直す」
講師 塚本麻莉(本展企画者、当館学芸員)
日時 11月26日(土)14:00~
場所 1階 講義室 定員 50名程度(申込不要、先着順)
参加無料

[映画上映会]
1 無声映画×ライヴ演奏&秋の定期上映会
「合田佐和子が描いた銀幕のスターたち」
[※上映ラインナップや料金、上映時間などの詳細は、当館ウェブサイトやチラシなどで後日発表します。]
無声映画×ライヴ演奏付
日時 11月17日(木)、18日(金) 会場 美術館ホール
演奏者 坂田明、大友良英、勝井祐二、山本達久、武田理沙
料金 プログラム券 前売3,000円、当日3,500円
秋の定期上映会
日時 11月19日(土)・20日(日) 会場 美術館ホール
料金 プログラム券 前売1,000円、当日1,200円

2 大木裕之監督「優勝 ―Renaissance」
& JEANS FACTORY CM上映
(監督:大木裕之/1995-98年/88分/制作:JEANS FACTORY)
四万十町でロケを行い、合田も出演した大木裕之監督(1964~)による作品「優勝―Renaissance」と、大木が90年代に制作した「JEANS FACTORY」テレビCM(全35本、12分程度)を特別上映します。上映後には、監督本人によるトークを行います。
日時 12月11日(日)13:00~ 会場 美術館ホール
料金 500円 協力 JEANS FACTORY

3 「上海異人娼館 チャイナ・ドール」R18+
(監督・脚本:寺山修司/1981年/91分/カラー/出演:イザベル・イリエ、クラウス・キンスキー、ピーター、山口小夜子、高橋ひとみ、アリエル・ドンバール、新高けい子、大野美雪、中村研一、石橋蓮司)
合田が美術を手掛けた寺山修司監督映画「上海異人娼館」を上映します。※18歳未満の方はご鑑賞いただけません。
日時 12月11日(日)17:00~ 会場 美術館ホール
料金 500円

スペシャルワークショップ「イメージをあそぶ」
合田とも親交があった大月ヒロ子さんをお招きし、箱の中にコラージュを作るワークショップを開催します。さまざまな素材を組み合わせて、新しいイメージを楽しんでみませんか。
日時 ①12月3日(土)13:00~ ②12月4日(日)10:00~
講師 大月ヒロ子(ミュージアム・エデュケーション・プランナー)
場所 1階 創作室
定員 各回 先着30名
対象 小学生以上のお子さまから大人の方
参加費 1名500円
要予約 10月10日(月・祝)より電話(088-866-8000/9:00~17:00)にて受付します。

ティーチャーズ・ウィーク
日程 11月20日(日)~26日(土)
期間中、高知県内の教職員の方(図工や美術以外も含む)は本展およびコレクション展、「ARTIST FOCUS #03 角田和夫」展を無料でご観覧いただけます。希望者には学校での美術館利用についてのご相談も受け付けています。
要予約 11月19日までにお電話(088-866-8000/9:00-17:00)にてお申し込みください。
ホームページ
https://moak.jp/event/exhibitions/goda_sawako.html
会場住所
〒781-8123
高知県高知市高須353-2
交通案内
■はりまや橋から とさでん交通路面電車「ごめん」、「領石通」または「文珠通」行きで15分、「県立美術館通」下車。北へ約200メートル、徒歩5分。
■とさでん交通バス 「高知医大線」・「県立美術館前」下車。南へ約100メートル。
■とさでん交通バス 「高知県立大学・医療センター線」・「美術館通」下車。北へ約200メートル、徒歩5分。
■高知龍馬空港からは、高知市内―空港間を結ぶとさでん交通の空港連絡バスがご利用いただけます。バス停「葛島」で下車してください。北東へ約900メートル、徒歩約16分です。
■車・タクシーをご利用の場合
※JR高知駅から約20分。
※高知龍馬空港からは30分、高知自動車道 南国インターから15分、高知インターから10分。
ホームページ
http://moak.jp/
高知県高知市高須353-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索