タイトル等
特別企画展
明清(みんしん)の美
―15~20世紀中国の美術―
会場
大和文華館
会期
2022-11-18~2022-12-25
前期:11月18日(金)~12月4日(日)
後期:12月6日(火)~12月25日(日)
※展観予定は都合により変更する場合があります。
休催日
毎週月曜日
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時まで)
観覧料
一般630円/高校・大学生420円/小学・中学生無料
※20名以上の団体は相当料金の2割引で引率者1名無料
※「障がい者手帳」をお持ちの方とご同伴者1名2割引
概要
漢民族が興した王朝である明(みん)(1392~1644)、それに続く女真族(満州族)の王朝である清(しん)(1616~1912)は、いずれも長い歴史に育まれた中国の伝統を継承しつつ、経済発展を背景に、宮廷や知識人、民衆などの様々な層で、多彩で華やかな芸術文化が栄えました。
そして交易などによって、明清の文物と人が他国に渡り、それぞれの国に新たな表現技法をもたらしたことも知られます。日本においては、沈詮(しんせん)ら来舶清人が描く迫真的な花鳥動物画、琉球では、清代の福州(現在の福建省)で画を学んだ山口宗季(やまぐちそうき)などが挙げられるでしょう。
本展観では、当館の収蔵品を中心として、主に15世紀~20世紀初頭における明清中国の多彩な美術をご覧いただきます。更に同時代の琉球を始めとする、中国と関わりをもった国々の作品も展示します。東アジアにおける文化交流史をお楽しみください。
(担当 都甲さやか)
イベント情報
列品解説 毎週土曜日 午後2時から(当館学芸部による)

特別講演 12月11日(日) 午後2時 講堂
「明末清初の真景図について」
京都国立博物館名誉館員 西上実氏

日曜美術講座 11月27日(日) 午後2時 講堂
「明清の山水画―伝統と新風―」 当館学芸員 都甲さやか

講座 美術の窓 12月4日(日) 午後2時 講堂
連続講座 「写楽―美醜を超えて」
第3回「写楽の肉筆画~写楽の相撲版下絵と役者版下絵、肉筆扇面画」
当館館長 浅野秀剛
会場住所
〒631-0034
奈良県奈良市学園南1-11-6
交通案内
近鉄奈良線 学園前駅下車、南出口より徒歩7分、無料駐車場あり
ホームページ
http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/
奈良県奈良市学園南1-11-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索