タイトル等
特別展
住吉広行
ー江戸後期やまと絵の開拓者ー
会場
大和文華館
会期
2022-10-08~2022-11-13
[前期]10月8日(土)~23日(日)[後期]10月25日(火)~11月13日(日)
休催日
毎週月曜日(ただし、10月10日〈祝〉は開館し、翌11日〈火〉が休館)
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時まで)
観覧料
一般950円 高校・大学生730円 小学・中学生無料
※20名以上の団体は相当料金の2割引で引率者1名無料
※「障がい者手帳」をお持ちの方とご同伴者1名2割引
協賛・協力等
共催:毎日新聞社 後援:NHK奈良放送局
概要
住吉広行(すみよしひろゆき)(宝暦5~文化8/1755~1811)は、住吉家の五代目当主として活躍した絵師です。住吉家当主は、江戸時代前期に活躍した初代の如慶(じょけい)、二代目の具慶(ぐけい)以降はあまり注目されてきませんでしたが、具慶以降も代々幕府の御絵師(御用絵師)を務めており、特に五代目の広行は、将軍家斉(いえなり)のもとで老中首座・将軍補佐を務めた松平定信(まつだいらさだのぶ)に重用され、様々な重要な文化事業に携わりました。寛政度の内裏造営では、最も格の高い紫宸殿の「賢聖障子(けんじょうのしょうじ)」の制作を、急逝した狩野家のトップの狩野典信(かのうみちのぶ)に代わって広行が行い、名実ともにやまと絵界の頂点に立つことになります。
広行は、有職故実(ゆうそくこじつ)や古画の知識を様々な絵画制作に活かし、復古的な画題を手掛けたり、古画の図様を積極的に取り入れたり、豊麗なやまと絵の彩色を極めたりしています。18世紀後期から19世紀前期にかけて活躍する復古やまと絵派や江戸琳派の絵師たちにも類似した傾向が見られ、広行の画業は、江戸時代後期のやまと絵の新しい方向性を先導するものとして注目されます。
本展は、住吉広行を中心に取りあげるはじめての展覧会になります。広行が如慶・具慶の伝統をどのように引き継ぎ、新しい時代の要請にどのように応え、やまと絵の地平をどのように切り拓いていったのか、その画業を明らかにします。(担当 宮崎もも)
イベント情報
列品解説 毎週土曜日 午後2時から(当館学芸部による)

シンポジウム
10月30日(日) 午後1時~4時30分 講堂
テーマ「住吉広行とその流れ」
(発表者)関西学院大学教授 下原美保氏
徳島市立徳島城博物館主任主査 小川裕久氏
当館学芸員 宮崎もも
※事前申し込み制 詳細は当館ホームページに掲載

講演会
10月23日(日) 午後2時 講堂
「『本朝画事(倭錦)』から見る住吉派の動向」
和泉市久保惣記念美術館館長 河田昌之氏

日曜美術講座
11月6日(日) 午後2時 講堂
「拡大図で楽しむ住吉広行作品」
当館学芸部課長 宮崎もも
会場住所
〒631-0034
奈良県奈良市学園南1-11-6
交通案内
近鉄奈良線 学園前駅下車、南出口より徒歩7分、無料駐車場あり
ホームページ
http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/
奈良県奈良市学園南1-11-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索