タイトル等
ちひろからの定期便 「子どものしあわせ」と「こどものせかい」
会場
安曇野ちひろ美術館
展示室1・2
会期
2022-09-10~2022-12-04
会期変更
主催者
ちひろ美術館
協賛・協力等
協力
至光社、日本子どもを守る会
概要
いわさきちひろは、人びとの日々のくらしを彩る絵を描きたいと、印刷媒体を作品の発表の場に選びました。絵本とともに、月刊の雑誌や絵雑誌も大切な仕事でした。なかでも「子どものしあわせ」と「こどものせかい」は、制約が少なく自由に描けたことから、時代ごとの代表作が生まれました。

「子どものしあわせ」の表紙絵

ちひろは1963年から没する1974年までの12年間、月刊雑誌「子どものしあわせ」(草土文化)の表紙絵を描き、150点近くの作品を残しています。「日本子どもを守る会」が編集し、子どもを題材にすること以外どのように描いても構わないという出版社からの依頼は、大変魅力的なものでした。季節感あふれる絵が表紙を飾り、タイトル文字を含めたレイアウトや配色も任されていた本誌の仕事からは、ちひろのデザイン的なセンスもうかがえます。「木の葉の精」では、絵を大胆にトリミングすることで、木の葉と子どもの印象を強いものにしています。

「こどものせかい」から“感じる絵本”へ

ちひろは1958年より、至光社の絵雑誌「こどものせかい」の仕事を手がけています。編集者の武市八十雄は、1948年に絵雑誌「ベビーダイジェスト」を発行、翌年に至光社を創立し、1953年より後継の「こどもの世界」*を刊行します。武市は、印刷製版にこだわり、絵の再現性を追求していきました。表紙に窓をあけるなど造本にも趣向を凝らした号も見られます。印刷されたものが作品という姿勢は、ちひろの絵本づくりにも生かされ、1971年の『ことりのくるひ』では、コラージュや絵の合成など印刷効果を積極的に用いています。

本展では「子どものしあわせ」と「こどものせかい」を中心に、印刷技術と画風の変遷もあわせて紹介します。
*1955年より「こどものせかい」と改題
ホームページ
https://chihiro.jp/azumino/exhibitions/58422/
会場住所
〒399-8501
長野県北安曇郡松川村西原3358-24
交通案内
[電車によるアクセス]

■安曇野ちひろ美術館の最寄り駅
●JR大糸線 信濃松川駅
信濃松川駅から 安曇野ちひろ美術館まで 約2.5km
・タクシー 約5分
・レンタサイクル 約15分
・徒歩 約30分
※ レンタサイクルは、信濃松川駅前で借りることができます。お問い合わせ先:セピア安曇野・松川村観光協会 TEL. 0261-62-6930

●JR大糸線 穂高駅
穂高駅より あづみ野周遊バス利用 約20分
※ あづみ野周遊バス
穂高駅を中心とした安曇野の観光地を巡る周遊バスです (運行区間内は乗り降り自由)。
4月下旬から11月上旬まで土日祝のみ運行。 (ただし、GW・7月下旬~9月上旬は平日も運行)

●JR大糸線 信濃大町駅
信濃大町駅より 信濃大町周遊バス「ぐるりん号」利用 約35分
※ 信濃大町周遊バス「ぐるりん号」
7月上旬から11月上旬までの土日祝のみ運行。 (ただし、7月下旬~9月上旬は平日も運行)

■長野市からのアクセス
長野駅から JR篠ノ井線にて 松本駅 へ
松本駅で JR大糸線に乗り換え 信濃松川駅 もしくは 穂高駅 下車

長野駅から 松本駅を経由し、南小谷駅へ行くリゾート列車も利用できます。(1日1往復)

<補足>
長野市からは大町への高速バスもございます。
※ このバスをご利用の場合は、信濃大町駅バス停にて下車、JR大糸線に乗り換え 信濃松川駅 まで電車をご利用ください。
また、7月上旬から11月上旬まで 大町周遊バス「ぐるりん号」が運行しております。安曇野ちひろ美術館を通るコースもございますので、ご利用ください。

■松本市からのアクセス
JR大糸線にて 信濃松川駅 もしくは 穂高駅 下車

[飛行機(信州まつもと空港)からのアクセス]
信州まつもと空港から、安曇野市(穂高駅前)・池田町(道の駅池田)・松川村(すずむし荘)・大町市(大町温泉郷)・白馬村(神城駅、白馬八方バスターミナル)・小谷村(栂池高原)を往復するシャトルバスが運行しております。
・安曇野ちひろ美術館最寄の停車バス停 : 松川村(すずむし荘) 下車 徒歩 5分程度

[都心から高速バスによるアクセス]
東京 新宿駅西口バスターミナル から白馬方面へ高速バスが運行しております。
・安曇野ちひろ美術館最寄の停車バス停 : 安曇野松川 下車 タクシー 約8分

[車によるアクセス]

長野自動車道「安曇野」I.C.より 大町・白馬方面へ 約30分
※駐車台数 200台(第1・2駐車場合計) 大型バス 8台(第1駐車場)
※第1駐車場から美術館までは約徒歩2分です(一部段差あり)。 お体の不自由な方は、身障者用駐車場もございますので、事前にご連絡ください。(TEL:0261-62-0772)

※2012年10月7日より 豊科ICは 安曇野ICへ名称変更いたしました
ホームページ
http://www.chihiro.jp/
会場問合せ先
テレフォンガイド:0261-62-0777
長野県北安曇郡松川村西原3358-24
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索