タイトル等
写真新世紀
写真表現の新しい可能性に挑戦する新人写真家の発掘・育成・支援を目的とするフォトコンテスト
2021年度[第44回公募]受賞作品展
“写真で何ができるだろう?写真でしかできないことは何だろう?”
会場
東京都写真美術館
地下1階展示室
会期
2021-10-16~2021-11-14
※事業はやむをえない事情で変更することがございます。最新情報は写真新世紀ホームページでご確認ください。
休催日
毎週月曜日
開催時間
10:00~18:00
※入館は閉館の30分前まで
観覧料
[入場無料]
主催者
キヤノン株式会社
協賛・協力等
共催=公益財団法人東京都歴史文化財団東京都写真美術館
概要
「写真新世紀」は、写真表現の可能性に挑戦する新人写真家の発掘・育成・支援を目的として、キヤノンが1991年にスタートした文化支援プロジェクトです。これまでの応募者総数は35,550名(組)に上り、国内外で活躍する優秀な写真家を多数輩出するなど新人写真家登竜門として広く認知されています。
発足当時より自由で独創的な形式の写真作品を応援、2015年からはカメラの進化に合わせた静止画・動画のデジタル作品に門戸を広げ、ジャンルを問わない新しい視点による作家の創作活動を支援し、グローバルにプロジェクトを展開してきました。今年の公募には2,191名の方がチャレンジし、その中から審査員7名がそれぞれに優秀賞、佳作を選出しました。「写真新世紀展2021」では、それら受賞作品をご紹介します。
11月12日(金)には、グランプリ選出公開審査会を開催し、優秀賞受賞者7名の中から本年度のグランプリが選出される予定です。グランプリには、賞金100万円とキヤノンカメラ製品50万円相当が贈られます。
本展では、2020年度のグランプリ受賞者樋口誠也氏の新作個展を同時に発表するほか、10月17日(日)には、出展者によるアーティスト・トークを1階ホールにて行います。
また、11月13日(土)には、歴代受賞者で本年度の審査員である横田大輔氏と安村崇氏によるトークショーを二部構成で企画しています。
本年度で最後とする公募から誕生した、才能溢れる若手写真家たち。コロナ禍にありながらも現代を見つめる斬新な眼差しと写真表現の可能性に触れていただければ幸いです。
イベント情報
10.17sun.
アーティスト・トーク
日時 2021年10月17日(日) 第一部14:30~15:40/第二部16:00~17:30
会場 東京都写真美術館1階ホール
定員 先着90名(事前予約制)
内容 第一部 2021年度佳作受賞者による作品紹介とスライドショー 第二部 2021年度優秀賞受賞者7名と2020年度グランプリ受賞者による作品紹介、制作に関するプレゼンテーション
申込方法 メールで表題を「アーティスト・トーク申し込み」とし、ご希望の部と氏名を明記の上、cast@mail.canonまで送信してください。

11.12fri.
グランプリ選出公開審査会、表彰式
優秀賞7名が受賞作品についてプレゼンテーションを行い審査員の審議により本年度のグランプリを選出します
日時 2021年11月12日(金) 開場14:00~ 審査会14:30~16:30/表彰式17:30~17:50
会場 東京都写真美術館1階ホール
定員 先着90名(事前予約制)
申込方法 メールにて、お申込みください。メールの表題を「グランプリ選出公開審査会への参加希望」とし、住所、氏名、参加人数(2名様まで可)を明記の上、送信先:cast@mail.canonまで送信してください。
なお2名様で参加希望の方はその方の氏名もご記入ください。(個人情報の取扱いについては写真新世紀ホームページにてご確認ください。)
受付期間 10月1日(金)より受付を開始し満席になり次第終了します。(満席のお知らせはホームページで行います。)
※グランプリ受賞者には、奨励金として100万円、副賞のデジタル一眼レフカメラのほか、特典として次年度の受賞作品展における個展開催の権利などが授与されます。
※新型コロナウィルス感染症の影響により変更等が生じる場合がございます。

11.13sat.
写真レクチャー/トークショー
本年度の審査員、横田大輔氏、安村崇氏の写真レクチャーを二部構成で開催します。国内外の写真・アートシーンで精力的に活動されてきたお二人に、写真新世紀応募当時のエピソードから受賞作品、そしてこれまでの歩みを作品を通じてご紹介いただきます。

日時 2021年11月13日(土)
第一部 14:00~15:00 講演:横田大輔
第二部 15:30~16:30 講演:安村 崇
会場 東京都写真美術館1階ホール
定員 先着90名(事前予約制) 入れ替え制
申込方法 メールで表題を「写真レクチャー/トークショー申し込み」とし、ご希望の部と氏名を明記の上、cast@mail.canonまで送信してください。

11.14sun.
歴代受賞者によるスライドショー
日時 2021年11月14日(日) 13:00~16:00
会場 東京都写真美術館1階ホール
出演者 歴代受賞者(現在調整中、ホームページで発表します。)
定員 先着90名(事前予約制)
申込方法 申込方法は9月30日(木)、「写真新世紀」ホームページに掲載予定。

関連イベント
赤鹿麻耶写真展「ときめきのテレパシー」
日時 2021年10月14日(木)~11月24日(水) 10:00~17:30
※日曜日・祝日は休館日
会場 キヤノンギャラリーS 東京都港区港南2-16-6 キヤノンSタワー1階 JR「品川駅」港南口より徒歩約8分 京浜急行「品川駅」より徒歩約10分
出展者 赤鹿麻耶(写真新世紀2011年度グランプリ受賞者)
観覧方法 事前予約不要
入場料 無料

※新型コロナウイルス感染症の影響により、「写真新世紀展2021」および関連イベントの中止、または日時の変更や定員の調整などを行う可能性があります。最新情報については「写真新世紀」ホームページをご確認ください。

もう一度見てみたい歴代受賞者の受賞作品は?
お気に入りの作家にご投票ください!
皆様の投票によりトップ10に選ばれた歴代受賞者(グランプリ・優秀賞・佳作)の受賞作品を来秋、「写真新世紀30周年回顧展」でご紹介します。ぜひ、お気に入りの作家にご投票ください!
※QRコードにアクセスし、歴代受賞者のもう一度みてみたい受賞作品にご投票いただく形式です。
※投票はお一人様1票とさせていただきます。
投票期間 2021年10月16日(土)~2022年4月2日(金)
投票方法 「写真新世紀展2021」会場内のQRコードから、もしくは写真新世紀ホームページよりご投票ください。
発表 2022年4月15日(木)写真新世紀ホームページ/ Twitter
ホームページ
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-4029.html
会場住所
〒153-0062
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
交通案内
当館の最寄駅は「恵比寿」です。
JR 恵比寿駅東口より 徒歩約7分
東京メトロ 日比谷線 恵比寿駅より 徒歩約10分

当館には専用の駐車場はございません。
お車でご来場の際は近隣の有料駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://topmuseum.jp/
会場問合せ先
03-3280-0099
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索