タイトル等
開館40周年記念特別展
日本美術の源流
雪舟・狩野派から近代美術
南九州が見つめた日本の美を辿る
会場
都城市立美術館
会期
2021-10-30~2021-12-05
※新型コロナウイルス感染拡大に関する今後の状況により、会期が変更もしくは中止となる場合があります。
来館の際は、事前に問合せいただくか、特設サイトをご確認下さい。
休催日
月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)
開催時間
9:00~17:00
(入館は16:30まで)
観覧料
一般 当日1,000円 前売り(800円)
高大生 当日600円 前売り(400円)
中学生以下 当日無料 前売り無料
※フリーパス1,300円
※カッコ内は65歳以上、前売り、20名以上の団体等の割引料金
※障がい者手帳等を提示の方と介助者1名は無料
※文化の日(11/3)は全員無料
※家庭の日(11/21)は高校生以下同伴の家族無料

前売券販売所
宮崎県:コープみやざき全店
都城市:SONNE、田中書店(妻ヶ丘本展、川東店のみ)、都城ウエルネス交流プラザ、山崎文科堂、都城市役所売店
宮崎市:ゲルボア、ひまわり画材料店、宮交シティ、宮崎県立美術館、宮崎山形屋
小林市:ギャラリーディンプル
鹿児島県:大谷画材、霧島アートの森、コープかごしま全店、集景堂、高木画荘、レモン画材、山形屋

〇チケットぴあ(Pコード:685-788)
〇ローソンチケット(Lコード:81726)
〇e+ イープラス
主催者
都城市立美術館特別展実行委員会(都城市立美術館、MRT宮崎放送)
協賛・協力等
【特別協賛】霧島酒造株式会社 【協賛】南日本酪農協同株式会社
【後援】宮崎県・一般社団法人都城芸術文化協会・一般社団法人都城観光協会・宮崎日日新聞社・南日本新聞社・朝日新聞社・毎日新聞社・読売新聞西部本社・ 西日本新聞社・NHK宮崎放送局・MBC南日本放送・KTS鹿児島テレビ・KKB鹿児島放送・KYT鹿児島読売テレビ・エフエム宮崎・エフエム鹿児島・BTV株式会社
【助成】文化庁(令和3年度地域ゆかりの文化資産を活用した展覧会支援事業)、一般財団法人自治総合センター
【協力】文化財活用センター
beyond2020
宝くじ
概要
開館40周年を記念し、日本美術の流れを都城・南九州の視点から振り返る特別展を開催します。第1章では、室町時代の画僧・雪舟の流れを汲む絵画作品をご紹介し、日向、薩摩、大隅に広がった中世水墨画の風を感じ取ります。第2章では画壇として日本美術史上最大の勢力を築いた狩野派を中心に、円山・四条派などを含む、近世絵画をご紹介します。薩摩出身の木村探元や、島津家の私領であった都城からも狩野派に学んだ絵師が活躍した時代です。第3章では西洋美術の流入によって新たに方向づけられた近代美術を、南九州ゆかりの画家を通じて見つめます。本展を通して、変化し続けた日本美術の源流を再発見し、それらと結びついた南九州の歴史・文化の魅力を感じて下さい。
イベント情報
※新型コロナ感染症拡大防止の状況により、変更・中止となる場合があります

制作ワークショップ
日本画の材料(金箔など)を使って描きます。
日時:11月14日(日)10時~15時(昼休憩あり)
会場:都城市立美術館
講師:薮下育絵(画家)
定員:10名程(要予約)※小学生以上
参加料:1,500円(材料費)

記念講演会
「狩野派ことはじめ」
日時:11月27日(土)14時~15時30分
会場:都城市中央公民館(美術館隣り)
講師:安村敏信(北斎館館長・大倉集古館館長代行)
定員:65名程(要予約)
参加無料

ギャラリートーク
担当学芸員による作品解説
日時:11月7日(日)、11月20日(土)ともに14時~
定員:各15名程(要予約)
参加無料(ただし入場には要チケット)
展示替え情報
会期中一部展示替あり
ホームページ
http://mcma.art.coocan.jp/2021/
会場住所
〒885-0073
宮崎県都城市姫城町7-18
交通案内
JR
・日豊本線「西都城駅」下車 徒歩10分
・吉都線「都城駅」から 車で10分

バス
・「美術館前 バス停」下車
・「広口 バス停」または「西広口 バス停」下車 徒歩5分
・「市役所前 バス停」下車 徒歩2分
・「早鈴入口 バス停」下車 徒歩3分

自動車
・宮崎自動車道「都城IC」から 都城方面へ約20分
・東九州自動車道「末吉財部IC」から 都城方面へ約20分
ホームページ
http://www.city.miyakonojo.miyazaki.jp/artmuseum/
宮崎県都城市姫城町7-18
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索