タイトル等
生誕100年
久野 真 展
―ステンレス-平面へのこだわり
会場
名古屋画廊
会期
2021-09-24~2021-10-09
休催日
日・祝休廊
開催時間
11:00a.m.~6:00p.m.
(土曜日 12:00p.m.-5:00p.m.)
概要
■恩師・久野真先生 和泉俊昭
1956年、名古屋市立工芸高等学校の産業美術科(現デザイン科)に入学して久野真先生の教えを受けた。ある日、久野先生の制作と完成までの過程を見た。その時の印象がたいへん強かったので、その後の私の人生に大きな影響を与えた。
やがて久野先生は石膏から鉄、鉛、ステンレスに素材が移り、海外には平面のメタルアーチストとして知られるようになってゆく。久野先生は学徒出陣で海軍の特攻機に乗っていて、出撃間近になって終戦になり命拾いしたと聞いたことがある。ステンレスの鈍く銀色に光る無機質の質感が久野先生の戦争体験を反映しているように見える。
70年代になってステンレス作品は鋭く切られた直線が交差し奥行きが出て、より立体作品に近づいたように見えた。ある時、久野先生にこの先、立体になってゆくのですかと尋ねると、久野先生から平面だからいいのだよと一言なぞの言葉を戴いた。一本筋が通った人でした。
当時、多くのアーチストが東京や海外へ移ってゆく中で、地元名古屋で最後まで創作活動を通して国際作家として認められた人は久野先生しかいないと思います。私は久野先生を尊敬しつつもその影響力から逃れたかった。1968年アメリカへ渡り木彫を始め、74年中南米の旅の地でマヤ・アステカの古代遺跡に遭遇し、帰国して石彫作家としてデビューした。(彫刻家)
ホームページ
https://www.nagoyagallery.co.jp/publics/index/23/detail=1/b_id=88/r_id=895#block88-895
会場住所
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄1-12-10
交通案内
【公共機関で…】
地下鉄東山線または鶴舞線で伏見駅下車(名古屋駅から地下鉄東山線で一駅)地下鉄伏見駅6番出口(御園座口)より直進約100メートル

【お車で…】
広小路伏見交差点を南へ約100m直進し、三蔵(みつくら)交差点の南西のカド ※お車は西隣の秋月パークをご利用ください。
ホームページ
http://www.nagoyagallery.co.jp/
愛知県名古屋市中区栄1-12-10
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索