タイトル等
伊豆市所蔵近代日本画展 修善寺物語―大観と靫彦(ゆきひこ)、紫紅(しこう)たち
会場
岡山県立美術館
会期
2022-02-11~2022-03-21
概要
明治末以降、伊豆には多くの日本画家が訪れ、数々の名画がこの地に残されました。特に修善寺で新井旅館を営んだ相原沐芳のもとには横山大観をはじめ、安田靫彦や今村紫紅、前田青邨など日本美術院で活躍した画家たちが集いました。本展では伊豆市が所蔵する日本画の中から約70点を選び、革新時代を生きた日本画家たちの情熱あふれる作品を紹介します。
会場住所
〒700-0814
岡山県岡山市北区天神町8-48
交通案内
・JR岡山駅から 徒歩15分

・路面電車 / 岡山駅前電停 1番乗り場
東山行「城下」下車 徒歩3分

・岡電バス / 岡山駅バスターミナル 1番乗り場
藤原団地行「天神町」下車すぐ

・宇野バス / 岡山駅バスターミナル 11番乗り場
四御神(しのごぜ) / 瀬戸駅 / 片上方面行 「表町入口」下車 徒歩3分

・循環バスめぐりん / 岡山駅前(ドレミの街前)バス停 10番乗り場
県庁・京橋線(Cルート) 「表町入口」下車 徒歩3分
ホームページ
https://okayama-kenbi.info
岡山県岡山市北区天神町8-48
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索