タイトル等
企画展
梅ヶ谷と太刀山
富山が生んだ二大横綱と郷土の力士たち
会場
富山市郷土博物館
会期
2021-07-17~2021-10-24
・感染の拡大状況によっては、やむをえず会期を変更または休館することがあります。
【会期を変更しました】
(変更前の会期は9月26日(日)まで)
休催日
9月8日(水)
開催時間
午前9時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
大人210円(170円) 高校生以下は無料
※( )内は、20名以上の団体料金
概要
明治時代後期から大正時代にかけて、富山県は何人も幕内力士を輩出する相撲大国でした。特に梅ヶ谷(うめがたに)と太刀山(たちやま)の二大横綱は、歴史に名を残す名力士で、いずれも現在の富山市の出身です。梅ヶ谷は、恵まれた体形を見込まれ、明治24年にわずか12歳で雷(いかづち)部屋に入門しました。今から130年前のことです。その後、順調に番付を上げ、同36年に横綱に昇進、常陸山(ひたちやま)とともに「梅常陸(うめひたち)時代」と呼ばれる黄金時代を築き上げました。一方、太刀山は相撲に興味がありませんでしたが、ぜひ弟子にしたいと考えた友綱(ともづな)親方が、明治の元勲板垣退助(いたがきたいすけ)に助力を求めて入門が実現したといいます。今から110年前の明治44年に横綱に昇進し、その後も4度の全勝、また43連勝の後、1敗を挟んで56連勝を記録するという大横綱だったのです。
本展では、この二大横綱を中心に、郷土富山出身の力士たちを紹介します。
ホームページ
https://www.city.toyama.toyama.jp/etc/muse/kikakuhaku/kikakuhaku.html
会場住所
〒930-0081
富山県富山市本丸1-62 (富山城址公園内)
交通案内
■JR・あいの風とやま鉄道 「富山駅」 南口より 徒歩10分
■北陸自動車道 「富山IC」より 富山市街方面へ 車で15分
※ 高山(たかやま) 方面と見間違えやすいので、ご注意ください。
■富山空港より 富山駅連絡バスで20分(城址公園前 下車) 徒歩2分
■富山地方鉄道 市内電車環状線 「国際会議場前」下車 徒歩2分
■富山地鉄バス 「城址公園前」下車 徒歩2分、「総曲輪」下車 徒歩4分
■市内周遊ぐるっとBUS 「城址公園」下車 徒歩2分

※富山駅前行きのバスは、「総曲輪」あるいは「荒町」に停車する路線は、「城址公園前」には停車しません。富山駅前から乗車された場合は「城址公園前」に停車します。
ホームページ
http://www.city.toyama.toyama.jp/etc/muse/index.html
富山県富山市本丸1-62 (富山城址公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索