タイトル等
天理図書館開館91周年記念展
書物の歴史
和漢書の〝かたち〟を視る
会場
天理大学附属 天理参考館
3階企画展示室
会期
2021-10-20~2021-11-15
*新型コロナウイルス感染症の感染防止・拡大防止のため、会期やイベント内容を変更する場合がございます。
最新の情報は、天理図書館のホームページ・Twitter公式アカウントでご確認ください。
休催日
11月2日(火)、9日(火)
開催時間
9時30分~16時30分
(入館は16時まで)
観覧料
大人500円・団体400円(20名以上)
小中高生300円(学校単位の団体は無料・事前申し込みが必要)
障がい者とその介護者1名は無料となります
受付カウンターに障がい者手帳またはミライロIDなどをご提示ください
主催者
天理大学附属天理図書館
協賛・協力等
後援|奈良県・天理市・天理市教育委員会
協力|天理大学附属天理参考館
概要
開館91周年記念展として「書物の歴史―和漢書の〝かたち〟を視る―」を開催いたします。
これまでの開館記念展をふりかえると、今回と同じようなテーマを掲げたのは、東京の天理ギャラリーでの「本の歴史」展(1967年)で、ほぼ半世紀ぶりとなります。前回は3ヶ月間の会期で、洋の東西を問わず広く本の歴史を捉えるものでした。それ以後は、「日本の古活字本」展(1977年)、「日本の古版本」展(1981年)、「日本の古文書」展(1983年)、「日本の古記録」展(1987年)、「日本の古辞書」展(1996年)、「近世の文化と活字本」展(2003年)など、わが国の図書資料が持つ特徴をテーマ別に展示してきました。
今回はタイトルを「書物の歴史」としましたが、地域は東アジア、主に日本に限定し、形態・種類・大きさの視点から概観します。形態では「巻く」本から「綴じる」本へ、「のり付け」本から「糸綴じ」本へと至る変遷をたどります。また、さまざまな種類の大きさや装訂に仕立てられた本もご覧いただきます。他にも、紙以外の素材として、パピルスやパーチメント(羊皮紙)なども展示します。
展示替え情報
*会期中、一部展示品の入れ替えがあります
ホームページ
https://www.sankokan.jp/news_and_information/ex_sp/sp_toshokan2021.html
展覧会問合せ先
天理大学附属天理図書館 奈良県天理市杣之内町1050
TEL0743-63-9200
会場住所
〒632-8540
奈良県天理市守目堂町250
交通案内
[電車でお越しになる場合]
JR桜井線 天理駅・近鉄天理線 天理駅 下車

=天理駅より=
[徒歩でお越しになる場合]
約20分

[バスでお越しになる場合]
●桜井駅北口行 天理市庁前下車
進行方向1つ目の信号を左折し 徒歩約8分
天理駅発(平日・土・日祝) 10:00 11:20 12:40 14:05 15:20

●天理大学行(杣之内キャンパス) 通学バス
天理大学より 徒歩約2分
天理駅発 10:30 12:30 14:30
※天理大学行バスの運行日は、普通授業・補講・集中講義・定期試験および学年始め・学年末行事期間のみです。

[自動車でお越しになる場合]
西名阪自動車道から 天理インターより 南へ約3km 守目堂交差点を左へ

名阪国道から 天理東インターより 南へ約3km 杣之内町交差点を右へ

桜井方面から 守目堂交差点を右へ

●駐車場 無料
※期間により駐車場への入場・駐車が規制される場合があります。
ホームページ
http://www.sankokan.jp/
奈良県天理市守目堂町250
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索