タイトル等
ザ・フィンランドデザイン展
自然が宿るライフスタイル
会場
Bunkamuraザ・ミュージアム
会期
2021-12-07~2022-01-30
状況により、会期・開館時間等が変更となる可能性がございます。
また、新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止のため、入場制限や一部日程で入場日時予約が必要となる場合がございます。 ご来場の際には、Bunkamura HPにて最新情報をご確認ください。
休催日
1.1(土・祝)
開催時間
10:00~18:00
(入館は17:30まで)
毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
観覧料
(消費税込)当日 一般1,700円 大学・高校生1,000円 中学・小学生700円
◎チケット販売情報につきましては、決定次第、Bunkamura HPにてご案内いたします。(10月発売予定)
*学生券をお求めの場合は、学生証のご提示をお願いいたします。(小学生は除く)
*障がい者手帳のご提示で半額となります。(一般850円、大学・高校生500円、中学・小学生350円)
*未就学児は入館無料。
主催者
Bunkamura、産経新聞社、NHK、NHKプロモーション
協賛・協力等
◎特別協力:HAM ヘルシンキ市立美術館 ◎後援:フィンランド大使館、J-WAVE ◎協力:フィンエアー、フィンエアーカーゴ、フィンランドセンター ◎企画協力:S2
概要
豊かな自然と美しいデザインの宝庫、フィンランド。幸福度世界一を誇る※この国で長く使い続けられているプロダクトの数々は、「大いなる自然を忘れない」という思想に裏付けられています。そのようなデザインに囲まれたフィンランドの人々は、大地からの恩恵を生活に取り入れるライフスタイルを愛してきました。
1930年代から70年代にかけて、今も広く知られるデザイナー、建築家、アーティストたちが登場し、彼らの活躍によって今日まで続くフィンランドデザインが確立されましたが、彼らのインスピレーションの源は、やはりこの国に広がる豊かな自然でした。
本展では、ヘルシンキ市立美術館(HAM)監修のもと、マリメッコやフィンレイソンのテキスタイル、カイ・フランクのガラス工芸の他、陶磁器や家具など、同時代にデザイン・制作されたプロダクトとともに、同時代の絵画などもあわせて展示。約250点の作品と約80点の関係資料で、時代を超えて愛される名品が生み出されたフィンランドデザインの歩みをご紹介します。自然とともに生きる暮らしのなかで生まれた、フィンランドの人々の豊かな発想力と彩りにあふれる世界をお楽しみください。 ※国連「世界幸福度報告書」2021年版による。
ホームページ
https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/21_Finland/
展覧会問合せ先
Tel:050-5541-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒150-8507
東京都渋谷区道玄坂2-24-1
交通案内
【渋谷駅からお越しの場合】

■JR線「渋谷駅」ハチ公口より 徒歩7分
■東京メトロ銀座線、京王井の頭線「渋谷駅」より 徒歩7分
■東急東横線・田園都市線、東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷駅」3a出口より 徒歩5分

無料シャトルバスのご案内
無料の渋谷駅・宮益坂口(東急東横店)と本店(Bunkamura)との循環バスが、9:50~20:15の間に12~15分間隔で運転しています。
[本店発 10時~20時15分、東横店発 9時50分~20時]

【神泉駅からお越しの場合】

■京王井の頭線 北口より 徒歩7分
ホームページ
http://www.bunkamura.co.jp/
会場問合せ先
Tel.03・3477・9413
東京都渋谷区道玄坂2-24-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索