タイトル等
開館30周年記念
コレクション展
絵画はつづく、今日にむかって
会場
芦屋市立美術博物館
会期
2021-09-18~2021-11-21
休催日
月曜日(ただし9/20は開館、9/21は休館)
開催時間
10:00~17:00
(入館は16:30まで)
観覧料
一般 500(400)円、大高生 300(240)円、中学生以下無料
※同時開催「芦屋の歴史と文化財」展の観覧料も含む
※10月17日(日)と11月3日(水・祝)は無料観覧日
※( )内は20名以上の団体料金
※高齢者(65歳以上)および身体障がい者手帳・精神障がい者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方ならびにその介護の方は各当日料金の半額になります。
主催者
芦屋市立美術博物館
協賛・協力等
後援 兵庫県、兵庫県教育委員会、公益財団法人兵庫県芸術文化協会、神戸新聞社、NHK神戸放送局、Kiss FM KOBE
概要
絵画の作品には、画家の思考が刻み込まれています。「何を」「どう」描くか、そして「何がいい絵なのか」という問いに対する答えが作品です。
本展では、当館のコレクションの中から絵画作品に焦点をあて、「モチーフ」という視点からその実像に迫ります。
モチーフとは風景や人物のモデルなど、絵に描かれる「対象」を指しますが、そのほか制作の「動機」、作品の「主題」や「構成要素、構成単位」という意味ももちます。抽象的な絵にも、画家がその絵で目指したモチーフが必ずあり、モチーフに迫ることは、画家の設定した絵についての問いと答えに迫ることにつながります。絵画の問題に真摯に向き合う画家の姿は、今日の私たちにも、前向きな気持ちを与えてくれるのではないでしょうか。
イベント情報
*日時等変更になる場合があります。詳細は当館HPをご覧ください。

講演会
絵画のみかた―フォーマリズム入門
10月2日(土)13:00-15:00
講師:河田都樹子(美術評論家)
会場:講義室
参加費:無料(要観覧券)
定員:60名(予定)[申込不要]

ワークショップ
動きを描く―ダンシング×クロッキー
10月9日(土)16:30-19:00
講師:ナビゲーター/岸本恵美子(画家)、ダンサー/伊藤愛
音楽:稲田誠(コントラバス奏者)
会場:エントランスホール、展示室
対象:高校生以上のどなたでも
参加費:無料(要観覧券)
定員:20名 ※クロッキー帳や画材の持参歓迎。
[要事前申込 9月25日(土)締切]

学芸員によるワークショップ
①絵の具とあそぶ―抽象画に挑戦
10月23日(土)13:00-15:00
②美術館の絵画教室―りんごがひとつ
11月7日(日)13:00-15:00
会場:体験学習室、展示室
対象:小学生以上のどなたでも
参加費:無料(要観覧券)
定員:20名
[要事前申込 ①10月9日(土) ②10月24日(日)締切]

学芸員とギャラリートーク
9月26日(日)、10月17日(日)、10月30日(土)、11月3日(水・祝)
14:00-15:00
対象:どなたでも
参加費:無料(要観覧券)[申込不要]

[申込方法]
●ワークショップは事前申込が必要です。
●芦屋市立美術博物館へお電話(0797-38-5432)かメール(ashiya-bihaku@shopro.co.jp)にて、イベント名、お名前、人数、ご住所、ご連絡先をお伝えください。応募者多数の場合は抽選。
*詳細は当館HPをご覧ください。
ホームページ
https://ashiya-museum.jp/exhibition_new
会場住所
〒659-0052
兵庫県芦屋市伊勢町12-25
交通案内
◆電車の場合
1: 阪神芦屋駅から 徒歩約15分

2: 阪神芦屋駅・JR芦屋駅・阪急芦屋川駅から
阪急バス「新浜町行き」または「芦屋市総合公園前行き」(31・32・35・36・131系統)乗車、「緑町 (美術博物館前)」停留所下車
(バスのりば)
・阪神 芦屋駅―南側2番のりば
・JR 芦屋駅―北側5番のりば
・阪急 芦屋川駅―南側5番のりば
ホームページ
http://ashiya-museum.jp/
兵庫県芦屋市伊勢町12-25
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索