タイトル等
「小林清親と井上安治」展
会場
公益財団法人 茂木本家美術館
会期
2021-10-27~2021-12-12
予約受付 04-7120-1489(イーヨヤク)
休催日
(月火休館)
開催時間
10:00~16:00
観覧料
大人700円 小中学生400円
概要
小林清親は、1876(明治9)年、版元大黒屋松木平吉から明治初期の東京の風景を光線画と称して発表し、1881(明治14)年まで出版されました。清親は、光と影を巧みに捉えながら、西洋画の表現技法も取り入れ、江戸の伝統的な浮世絵にはなかった新しいスタイルの木版画を作り出しました。清親の最初の弟子であった井上安治は光線画の画風を受け継ぎ、つづく小倉柳村も光と影の効果を生かし、清親の光線画の影響を受けたとされます。
本展では、小林清親をはじめ、井上安治・小倉柳村の木版画約50点を展示します。この機会にぜひ光線画の世界をお楽しみください。
ホームページ
http://www.momoa.jp/exhibition2.html
会場住所
〒278-0037
千葉県野田市野田242
交通案内
■ 東武野田線野田市駅より徒歩8分
■ 常磐自動車道流山I.C.を出て、野田結城方面(旧松戸野田有料道路)に進み約8.5km中野台交差点を右折、下町交差点(左側はコナカ)の次の信号を左折正面
ホームページ
http://www.momoa.jp/index.html
会場問合せ先
ご予約専用電話 04-7120-1489
千葉県野田市野田242
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索