タイトル等
特別展
ハリー・ポッターと魔法の歴史
薬草、呪文、天文、占い…。
ようこそ魔法魔術学校へ。
会場
東京ステーションギャラリー
会期
2021-12-18~2022-03-27
休催日
月曜日、12月29日(水)~1月1日(土・祝)、1月11日(火)
※ただし1月10日(月・祝)、3月21日(月・祝)は開館
開催時間
10:00~18:00
(金・土曜日は20:00まで) ※入場は閉館の30分前まで
観覧料
※チケット情報など詳細は、展覧会公式サイトにて順次お知らせいたします。
主催者
東京ステーションギャラリー
(公益財団法人東日本鉄道文化財団)、大英図書館、読売新聞社
協賛・協力等
協力:静山社、日本航空
概要
兵庫県立美術館、東京ステーションギャラリーと読売新聞社は、『ハリー・ポッターと賢者の石』の出版20周年を記念して企画された展覧会「ハリー・ポッターと魔法の歴史」を開催します。
現代のファンタジー文学として、20年にわたって世界的人気を誇る「ハリー・ポッター」シリーズ。本展では、原作者J.K.ローリングの直筆原稿やスケッチに加え、大英図書館が所蔵する貴重な書籍や資料などを紹介し、ハリー・ポッターの世界の底流にある言い伝えや魔法の歴史を紐解きます。
ハリーが学んだホグワーツ魔法魔術学校の科目に沿って、イギリスをはじめ世界各国に古くから伝わる魔法や呪文、占いなど、「魔法薬学」「錬金術」「天文学」などの10章で構成し、科学が発達していなかった時代の人々が信じた魔法や魔術の記録を展示します。
なお、本展は、大英図書館が2017年に企画・開催した展覧会“Harry Potter:A History of Magic”の国際巡回展です。大英図書館の大規模な展覧会が日本に巡回するのは初めてであり、その充実したコレクションの一端をご覧いただける絶好の機会となるでしょう。
主催者

この度、大英図書館として初めて、日本で巡回展を開催することを大変嬉しく思っています。「ハリー・ポッターと魔法の歴史」の展覧会は、ロンドンとニューヨークで来場者から好評を博しました。その魔法のような体験を、兵庫県立美術館、東京ステーションギャラリーおよび読売新聞社とともに実現できるのは喜ばしいことです。大英図書館はあらゆる方々に開かれています。この展覧会が、日本の皆様と我々のコレクションを結び付けるエキサイティングな機会となることでしょう。
大英図書館 文化・教育部長
ジェイミー・アンドリュース
ホームページ
https://historyofmagic.jp/
展覧会問合せ先
050-5542-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-9-1
交通案内
《JR線 東京駅から》
JR 東京駅 丸の内北口 改札前 (東京駅丸の内赤煉瓦駅舎内)

《東京メトロ 丸の内線 東京駅から》
(1) 改札を出てJR線方面(八重洲方面)に向かい、JR丸の内地下中央改札の手前を左折します。
(2) みどりの窓口の前を通過し、丸の内北口方面の階段を上がります。
(3) 東京駅丸の内北口ドーム内に入ると、左手に当館入口がございます。
ホームページ
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
東京都千代田区丸の内1-9-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索