タイトル等
石神の丘美術館 グランドリニューアルオープン記念
MIRRORBOWLER(ミラーボーラー)展 -乙(きのと)-
光と陰がおりなす幻想世界
インスタレーションアート集団 MIRRORBOWLER(ミラーボーラー)
会場
岩手町立石神の丘美術館
会期
2021-06-18~2021-08-29
休催日
7月26日(月)、8月2日(月)、10日(火)、23日(月)
開催時間
9:00~17:00
(最終入場16:30)

●6/18は午前9時より道の駅石神の丘イベント広場でセレモニーを行います。
この日のみ、セレモニー後に開館します。(午前9時30分頃になる見込み)
観覧料
一般300円/高校生以下無料
※〈花とアートの森〉共通観覧券は一般700円/高校生以下無料

●20名様以上の団体は2割引、75歳以上の方は5割引になります
●障害者手帳の交付を受けている方は無料、介助者(1名)は5割引になります
●中学生・高校生の方は、生徒手帳など身分を証明できるものを受付にご提示ください
主催者
石神の丘美術館/岩手町/岩手町教育委員会/株式会社岩手町ふるさと振興公社
概要
グラフィックデザイナー、写真家、照明技術者など多種多様なメンバーで構成されたアート集団 MIRRORBOWLER(ミラーボーラー)。
2000年より活動を開始、ミラーボールなどを用い、光と色彩のインスタレーション作品を様々な場・空間で発表しています。
石神の丘美術館企画ギャラリーでの展示には「乙(きのと)」というキーワードが示されました。
果たしてどのような作品となるか。
期間限定の幻想空間をぜひご体感ください。
*リーフレットに掲載されている作品は、別会場で公開された作品です。
ミラーボーラーの皆さんは、その場ならではの作品発表をされており、
本展ではリーフレット掲載作品とは異なる、当館のために制作された作品をご覧いただきます。
*本展展示作品は大型のもの2点です。

我々は光と影で作品を作ります。
今回のタイトルである「乙(きのと)」は陰陽五行説を元にしました。
「乙」はその字形から植物が芽を出し、伸びていく様という意味もあります。
「乙」は陰陽五行説では木、火、土、金、水の「木の陰」にあたります。

生命のエネルギーが詰まったたまごから放たれる光が
花をモチーフにした蝶々となり拡散していくイメージの作品です。
暗闇=陰から生まれた光が舞い踊り、見ていただく人々の心に届き、
喜びや感動を共有できたら幸いです。
感動や喜びは心を育てます。

たまごは「誕生、新しいものが産まれる」というイメージがあると思います。
眩い光を蓄えたこの大きなたまごから何が産まれるのか。
想像をする事、感じる事は自由です。

より良い社会は、素敵な想像から始まると思います。
笑顔と愛に満ちた平和な世界も想像する事からはじまるのではないかと思います。

MIRRORBOWLER 家元 打越 俊明
______________________________________________

【撮影について】
この展覧会は個人で楽しむための撮影ができます
ルールを守ってお楽しみください
●静止画撮影OK 動画撮影OK
●フラッシュ使用NG 占拠NG
●三脚・一脚・自撮り棒の使用NG
●SNSへ投稿する場合は〈#ミラーボーラー展〉〈#石神の丘美術館〉 を記載してください
ホームページ
https://ishigami-iwate.jp/5013
会場住所
〒028-4307
岩手県岩手郡岩手町五日市10-121-21
交通案内
お車でお越しの場合
・東北自動車道 滝沢ICより国道4号を二戸方面へ約30分
・駐車は「道の駅・石神の丘」へ

電車でお越しの場合
・東北新幹線またはいわて銀河鉄道「いわて沼宮内駅」下車 徒歩約10分
ホームページ
http://museum.ishigami-iwate.jp
岩手県岩手郡岩手町五日市10-121-21
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索