タイトル等
今森光彦展
いのちめぐる水のふるさと
―写真と切り絵の里山物語―
会場
佐川美術館
会期
2021-06-24~2021-09-05
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業時間および休館日を変更している場合がございます。ご来館前にホームページでご確認いただくか、お電話にてお問い合わせください。
休催日
月曜日(8/9は開館)、8/10
開催時間
9:30~17:00
(入館は16:30まで)
観覧料
一般1,000円/高大生600円/中学生以下無料※ただし保護者の同伴が必要
〇専門学校・専修学校は大学に準じる 〇障害者手帳をお持ちの方(手帳をご提示ください)、付添者(1名のみ)無料
主催者
佐川美術館(公益財団法人SGH文化スポーツ振興財団)
協賛・協力等
[後援]滋賀県、滋賀県教育委員会、守山市、守山市教育委員会、BBCびわ湖放送
[企画協力]有限会社オーレリアンガーデン、クレヴィス
[協力]SGホールディングス株式会社、佐川急便株式会社、佐川印刷株式会社
概要
人と自然が共生する「里山」。その中で生み出される豊かな営みを見つめ続けてきた写真家・今森光彦さん。滋賀・湖西地域の仰木(おおぎ)地区の一画、琵琶湖を望む田園風景の中にアトリエを構え、四季折々に移り変わる田んぼや里山に集まる生き物を撮り続けてきました。また、蝶や鳥、植物をモチーフに、精緻で生き生きとした作品をつくる切り絵作家としても知られており、深い洞察力により、たった一本のはさみから生み出される作品は、生き物の力強さや植物の鮮やかさが表現されています。
本展では、里山に暮らす今森さんのライフスタイルの紹介をおりまぜながら、写真と切り絵で里山の魅力に迫ります。さらに、「水」をテーマに、琵琶湖を中心に滋賀を取り巻く琵琶湖水系に着目し、そこにまつわる生き物や暮らしを合わせて紹介します。
自然とそこに暮らす人々がつながる美しい里山の景色と、身近な自然と関わりながら暮らす喜びや魅力をお楽しみください。
イベント情報
今森光彦さんアーティストトーク
7・17(土)
小さな里山をつくる
ーオーレリアンの庭の蝶ー

8・7(土)
琵琶湖水系の自然

いずれも 時間14:00~/定員50名/場所 樂吉左衛門館ロビー

事前予約制ワークショップ
6・27(日)/8・17(火)
今森光彦さんと切り紙にチャレンジ!

8・5(木)
オリジナルのバードコールをつくろう!

各イベントの詳細・申込方法については佐川美術館ホームページをご確認ください。
ホームページ
https://www.sagawa-artmuseum.or.jp/plan/2021/03/post-116.html
会場住所
〒520-0102
滋賀県守山市水俣町北川2891
交通案内
【お車ご利用の場合】
●駐車場有70台、美術館入館者は駐車料無料
◆名神栗東ICより 約30分
◆名神京都東ICから、湖西道路真野出口より琵琶湖大橋経由 約30分
◆名神瀬田西ICより 約30分

【鉄道・バスご利用の場合】
◆JR守山駅よりバス約30分「佐川美術館」下車
◆JR堅田駅よりバス約15分「佐川美術館」下車
ホームページ
http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/
滋賀県守山市水俣町北川2891
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索