タイトル等
特別展
絵本原画の世界 2022
会場
宮城県美術館
本館2階展示室
会期
2022-02-05~2022-03-27
展覧会や教育普及活動の会期、日程、内容等については、新型コロナウイルス感染症対策をはじめ、諸般の事情により変更や中止となる場合があります。最新の情報は、ホームページ等でお知らせします。
休催日
毎週月曜日
(祝日の場合、翌平日が振替休館。ただし5月6日は開館)
振替休館:8月10日(火)、9月21日(火)、3月22日(火)
展示替えによる休館日:4月13日(火)、6月29日(火)、9月14日(火)
メンテナンス休館日:12月27日(月)-2022年2月2日(水)
開催時間
午前9時30分~午後5時
(発券は午後4時30分まで)
観覧料
一般 900円(700円) 学生 700円(500円) 高校生以下 無料
常設展無料観覧日:5月5日(こどもの日)、5月18日(国際博物館の日)、9月20日(敬老の日)、10月30日・31日(東北文化の日)、11月3日(文化の日・開館記念日)

観覧料の減免
◎小・中・高校の教育課程に基づく学習活動の引率者
◎身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳及び療育手帳保持者と付添者
◎キャンパスメンバーズ加入校の学生等
概要
「ぐりとぐら」など、今日まで愛される物語や主人公を世に輩出した月刊絵本「こどものとも」。良質な絵本づくりを目指したその絵は、日本画家の堀文子、彫刻家の佐藤忠良、漫画家の長新太など広く芸術分野で活躍する作家たちによって手がけられ、またここから絵本を主な制作舞台とする絵本作家も育ちました。戦後の絵本史にとって大きな存在となった「こどものとも」をはじめ、初公開作を含む宮城県美術館の絵本原画コレクションをたっぷりとご覧ください。
会場住所
〒980-0861
宮城県仙台市青葉区川内元支倉34-1
交通案内
>> 【公共交通機関をご利用の場合】
■ 地下鉄
仙台市営地下鉄 東西線
「国際センター駅」 西1出口から北へ 徒歩7分、
「川内」駅 北1出口から東へ 徒歩7分。

■ 路線バス
仙台駅西口バスプール15番乗り場より
730系統:市営バス川内営業所前行
739系統:(広瀬通経由)交通公園循環
のいずれかに乗車、「二高・宮城県美術館前」下車徒歩3分。
(仙台駅より所要約15分)

■ るーぷる仙台
仙台市内の観光スポットを結ぶ循環型バスです。
当館の最寄りには 「国際センター駅・宮城県美術館前」と「二高・宮城県美術館前」の2度停車します。

>> 高速道路をご利用の場合
東北自動車道・仙台宮城I.C.より仙台方面(仙台西道路)に入り、仙台城跡方面を経由して美術館へ。 I.C.より約15分。
ホームページ
http://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/
宮城県仙台市青葉区川内元支倉34-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索