タイトル等
光ミュージアム所蔵
美を競う
肉筆浮世絵の世界
会場
山口県立萩美術館
会期
2021-07-03~2021-09-05
休催日
7月12日(月)、19日(月)、26日(月)、8月2日(月)、10日(火)、23日(月)、30日(月)
開催時間
9:00~17:00
(入場は16:30まで)
観覧料
一般 1,100(900)円、70歳以上・学生 900(700)円
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金。
※18歳以下の方および高等学校、中等教育学校、特別支援学校の生徒は無料。
※身体障害者手帳、療育手帳、戦傷病者手帳、精神障害者保健福祉手帳の提示者とその介護者(1名)は無料。
※前売券は、ローソンチケット(Lコード:62374)、セブンチケットでお求めになれます。
※割引券は県内各プレイガイドおよび道の駅、旅館等観光施設に設置しています。
主催者
肉筆浮世絵展萩実行委員会(山口県立萩美術館・浦上記念館、毎日新聞社、tysテレビ山口)
協賛・協力等
後援/山口県教育委員会、萩市、萩市教育委員会
協力/エフエム山口
特別協力/光ミュージアム
企画協力/アートシステム
監修/鈴木浩平(美術史家)、故・永田生慈(美術史家・北斎研究家)
beyond2020
概要
浮世絵は木版による作品が大半を占めますが、絵師が直接筆をとり、絹や紙のうえに一筆一筆丁寧に描かれた肉筆浮世絵にも、近年高い関心が寄せられています。
本展覧会は、これまで大々的に公開されることがなかった光(ひかる)ミュージアム(岐阜県高山市)所蔵の肉筆浮世絵の名品を、初めて一挙にご紹介するものです。コレクションのなかから美人画を中心に111点を厳選し、浮世絵史における各時代の代表絵師のほか、上方や地方で活躍した絵師たちの作品をお楽しみいただきます。肉筆浮世絵ならではの、しなやかで優美な魅力をご堪能ください。
イベント情報
記念講演会
「肉筆浮世絵にみる美人画の魅力」
[聴講無料]
講師|鈴木浩平氏(本展監修者、美術史家)
日時|7月3日(土)13:30~15:00
会場|本館講座室
定員|40名(申込先着順)

ギャラリー・ツアー
学芸員による作品解説
[要観覧券]
日時|毎週日曜日 11:00~12:00
会場|本館2階展示室
定員|20名(申込先着順)

申込方法
電話(0838-24-2400)にて、参加希望日、参加者全員の氏名・年齢、代表者の日中の連絡先をお知らせください。
※新型コロナウイルス感染状況によって変更または中止になる場合があります。詳細は、当館ホームページをご覧ください。
ホームページ
https://www.hum.pref.yamaguchi.lg.jp/exhibition/special/2021/07/045932.html
会場住所
〒758-0074
山口県萩市平安古町586-1
交通案内
◆ 萩市内から美術館へのアクセス

●萩・明倫センターから徒歩約5分、または萩バスセンターから徒歩約12分
●JR 東萩駅から タクシー約7分
●JR 玉江駅から 徒歩約20分
●JR 萩駅から 萩循環まぁーるバス(西回り:晋作くん)約30分

※市外からバスでお越しのお客様は、萩・明倫センター、または萩バスセンターで下車されるのが便利です。
※萩循環まぁーるバスは、萩市役所を起点に松陰神社方面をめぐる東回りと城下町方面をめぐる西回りの2つのコースがあります。美術館からは、西回りバス停「萩美術館 浦上記念館・萩城城下町入口」のご利用が便利です。
ホームページ
http://www.hum.pref.yamaguchi.lg.jp/
山口県萩市平安古町586-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索