タイトル等
特別展覧会
世界が絶賛した浮世絵師 北斎展 師とその弟子たち
会場
鶴岡アートフォーラム
会期
2021-07-10~2021-08-22
感染症の拡大状況によっては、中止または変更となる場合がございます。詳細は随時「当館ホームページ」でご案内いたしますので、ご確認のうえ、ご来館ください。
休催日
月曜日[ただし、8月9日、16日は開館]
開催時間
9時~17時30分/金曜・土曜日 18時30分
※入場は閉場の30分前まで
観覧料
一般500(400)円/高大生300(240)円/中学生以下無料
障がい者は半額 ※( )内は20名以上の団体料金
主催者
鶴岡アートフォーラム、鶴岡市教育委員会
協賛・協力等
【監修】中右 瑛(国際浮世絵学会常任理事)【企画協力】ステップ・イースト【後援】山形県、朝日新聞山形総局、河北新報社、荘内日報社、毎日新聞山形支局、山形新聞・山形放送、読売新聞山形支局、NHK山形放送局、さくらんぼテレビ、テレビユー山形、株式会社山形テレビ、エフエム山形
概要
世界が絶賛した浮世絵の巨匠葛飾北斎(1760-1849)は、鶴岡市と友好関係にある東京都墨田区に生まれました。昨年、生誕260年を迎えた北斎は、江戸時代後期の70年に及ぶ長い活動期間のなかで、役者絵や美人画、妖怪絵、風景画など幅広い分野に挑みつづけ、錦絵をはじめとした摺物だけでなく、肉筆画や読本挿絵など、多くの偉大な業績を残しました。また、北斎の作品は遠くヨーロッパでも知られ、さまざまな西洋の画家たちに影響を与えており、北斎は世界的に知られた日本を代表する芸術家のひとりであるといえます。本展覧会では、青年期である春朗時代の錦絵から、《東海道五十三次》や《冨嶽三十六景》といった代表的な浮世絵版画、《百物語》などの妖怪絵、《北斎漫画》、そして肉筆画を含む約120点の北斎作品を紹介します。加えて、北斎の弟子たちの作品と、北斎の影響を受けたフランスの画家、アンリ・リヴィエールによる《エッフェル塔三十六景》など、関連する作品約50点も展覧し、北斎芸術の影響についても視座に据えて紹介します。また、鶴岡市と友好関係にあり、北斎生誕の地である東京都墨田区とすみだ北斎美術館も併せて紹介いたします。
イベント情報
申込方法:電話(0235-29-0260)または館内受付にてお申込みください。 受付時間:9:00~19:00(休館日を除く) 対象:県内在住の方

◎開幕記念講演会「北斎、波乱万丈90年の人生」
日時:7月10日(土)13:30~(13:00開場)1時間半程度
内容:本展監修者を講師にお招きし、北斎の人生と作品について解説していただきます。
講師:中右 瑛(なかう えい)氏
(本展監修者、国際浮世絵学会常任理事)
会場:大会議室 先着:30名 費用:無料
申込:7月1日~(お一人2名様まで)

◎ギャラリー・トーク
日時:7月18日(日)、8月1日(日)、8月15日(日)
①10:00~②14:00~ 30分程度
内容:当館学芸員が会場を案内し、作品解説を行います。
集合場所:エントランスホール
先着:各10名 ※要当日観覧券
申込:7月10日~(お一人様2名まで)

◎特別美術講座「青写真でつくろう 思い出郵便葉書」
日時:7月31日(土)13:00~16:00
内容:思い出の風景写真を持ち寄り、北斎が使ったプルシアンブルーと同じ色の写真技法サイアノタイプ(青写真)で、ノスタルジックな葉書を制作します。
講師:千葉 菜穂子 氏(写真家)
会場:アトリエ 持ち物:思い出の風景写真1~2枚(L版サイズの紙焼き写真)
先着:12名(小学生以上、小学3年生以下は保護者同伴) 費用:1,000円
申込:7月4日~20日 ※電話予約可。期間内にご来館の上、費用を添えてお申込みください。

◎BS11開局10周年記念特別番組「北斎ミステリー」上映会
日時:8月14日(土)18:30~(18:00開場)
内容:2017年にBS11で放映されたテレビ番組。天才絵師、葛飾北斎が残した多くの謎…。その謎の先に見えたものとは?もう一人の北斎の存在に迫る『本格知的ミステリー』。
会場:フォーラム 先着:50名 費用:無料
申込:7月10日~(お一人様2名まで)
ホームページ
https://www.t-artforum.net/2021_r03nendo/host/gallery/hokusai/index.html
会場住所
〒997-0035
山形県鶴岡市馬場町13-3
交通案内
■自動車
高速道路 = 山形自動車道・鶴岡IC より、鶴岡市役所を目指して 約10分

最寄一般駐車場
= アートフォーラム南側駐車場 (※搬入・搬出日以外利用できます) 約10台
= 鶴岡市役所駐車場 (※土・日・祝日のみ利用できます) 約150台
= 鶴岡公園中央駐車場 約50台
= 鶴岡公園南駐車場 約40台
身障者用駐車場
= エントランス東側 3台
いずれも無料でご利用いただけます。

※お車でお越しの方へのお願い
・当館の身障者用駐車場への一般車両の駐車は何卒ご遠慮下さい。
・縁石を無理に乗り越える行為、芝生など植栽の上への駐車はご遠慮下さい。
・周辺の歩道上の走行並びに歩道上への駐車は、危険且つ違法ですのでお止め下さい。

■電車
JR東京駅 →(上越新幹線)→ JR新潟駅 →(羽越本線・特急いなほ)→ JR鶴岡駅
〔所要時間 約4時間〕

■航空機
羽田空港 → 庄内空港 → 「鶴岡駅前」行きバス乗車 → JR鶴岡駅
〔所要時間 約2時間〕 ※庄内空港より車で約20分

■バス
JR鶴岡駅より「鶴岡市内廻り 2コース」「鶴岡市内廻り 4コース」「湯野浜温泉」「あつみ温泉」「油戸」行きのいずれかに乗車 → 「アートフォーラム前」または「市役所前」、「致道博物館」下車
〔所要時間 約10分〕
ホームページ
http://www.t-artforum.net/
山形県鶴岡市馬場町13-3
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索