タイトル等
令和三年度 秋の特別展
武者小路実篤と映画
会場
調布市武者小路実篤記念館
会期
2021-10-23~2021-12-05
休催日
毎週月曜
開催時間
午前9時~午後5時
観覧料
大人200円 小・中学生100円
*市内在住65歳以上は無料
*身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・愛の手帳をお持ちの方、及び付添人は無料
*市内在住・在学の小・中学生は、毎週土曜日に無料パスが利用できます。
*「ぐるっとパス2021」が利用できます。
概要
文学者であり、絵や書もかき、新しき村を創設するなど幅広く活躍した武者小路実篤(1885-1976)。90年の生涯で発表した文学作品は、小説・戯曲・詩・随筆など7000篇を越えると言われます。
実篤の文壇での活動と、国内の映画産業の成長は、大正から昭和という時代を共にしています。文学作品が原作となった映画“文芸映画”が登場すると、若き日の代表作「その妹」や「友情」、発表から長きにわたって読み継がれる「愛と死」なども映画化されました。
本展覧会では、制作現場で使用された台本をはじめ、撮影の進捗や作品の魅力を伝えるプレス資料、スチル写真、当時の映画館をいろどったポスターやロビーカードなどをとおして、“映画”という媒体で表現された実篤文学を捉えます。また、実篤が見た映画、タイトルを揮毫した作品、小国英雄や木村荘八ら映画人との繋がりも紹介。“武者小路実篤”“映画”をキーワードに、貴重な資料の数々をご覧ください。
イベント情報
11.3(水・祝) 講演会 高度経済成長期の文芸映画 ―「世界を賭ける恋」「いのちの朝」が描いたもの―
[講師] 山口直孝氏(二松学舎大学教授)
[時間] 午後1時30分-3時
[会場] 仙川ふれあいの家
[定員] 15名 [参加費] 無料
[申込み] 10月20日(水)必着 *別記方法で

11.14(日) 武者小路実篤原作 映画「世界を賭ける恋」上映会
[時間] 午後1時30分-3時
[会場] 調布市文化会館たづくり8階・映像シアター
[定員] 50名 [参加費] 無料
[申込み] 10月31日(日)必着 *別記方法で

10.29(金) 11.27(土) 展示解説
[時間] 午後1時30分- *45分間程度
[解説] 佐藤 杏(本展担当学芸員)
[申込み] 不要。当日、直接会場へ。*入場料のみ

申込み方法
往復葉書の往信面に①講座名、②応募者全員の氏名とふりがな、③年齢、④郵便番号、⑤住所、⑥電話番号、返信面にご自身の宛名を明記し、締切日必着で当館まで。1枚の葉書で2名まで応募可、応募者多数抽選。定員に余裕がある場合は、締切後の開館日9時から講座前日17時まで電話で受け付けます(先着順)。

*新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、事業を急遽中止とする可能性があります。 最新の情報は実篤記念館までお問い合わせください。
展示替え情報
*会期中に展示替えがあります(前半は11月13日まで、後半は11月14日から)
会場住所
〒182-0003
東京都調布市若葉町1-8-30
交通案内
<京王線>
仙川駅 または つつじヶ丘駅下車 徒歩10分

<小田急線>
成城学園前駅より 「調布駅」、または「神代団地」行バス、稲荷前下車 徒歩5分

<お車の場合>
周辺道路が狭いため、中・大型バスをご利用の場合は事前にお問い合わせください。
ホームページ
http://www.mushakoji.org
東京都調布市若葉町1-8-30
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索