タイトル等
再開記念展 日本美術院五浦移転115周年
現代院展のあゆみ ― 天心記念茨城賞受賞作品を中心に
会場
茨城県天心記念五浦美術館
会期
2021-04-24~2021-06-06
休催日
月曜日(ただし、5月3日(月・祝)は開館。5月6日(木)は休館)
開催時間
午前9時30分~午後5時
(入場は午後4時30分まで)
観覧料
一般630円(520)円/満70歳以上310(260)円/高大生420(320)円/小中生210(160)円
※( )内は、20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳又は指定難病特定医療費受給者証を持参の方は無料
※土曜日は高校生以下無料
※4月24日(土)は満70歳以上無料
主催者
茨城県天心記念五浦美術館
協賛・協力等
後援 NHK水戸放送局/茨城新聞社/朝日新聞水戸総局/毎日新聞水戸支局/読売新聞水戸支局/産経新聞社水戸支局/東京新聞水戸支局/株式会社茨城放送/北茨城市/北茨城市教育委員会
概要
院展の名で親しまれている日本美術院は、明治31年(1898)に岡倉天心によって創立され、長い歴史を持つ美術団体として知られています。明治39年(1906)には、日本美術院の絵画創作の拠点が茨城県五浦に一時移転したことがあり、大正時代の再興を経て、令和3年(2021)で115年になります。
茨城県は、平成7年(1995)より、日本画家の育成と日本画の発展に貢献するために、院展に「天心記念茨城賞」を提供し、現在、26名の受賞者がいます。本展では、天心記念茨城賞の受賞作品を一堂に展示するとともに、日本美術院を支えた横山大観をはじめ、受賞作家にも大きな影響を与えてきた片岡球子、平山郁夫ら院展作家の作品も併せて展観します。
天心の精神を継ぎ、新しい芸術を探し求める挑戦と苦悩、そこから生み出された天心記念茨城賞受賞作品の数々は、大観ら画壇の巨匠とは、またひと味違う新鮮な感動があるはずです。是非、天心が愛した五浦の地で、「今」を生きる画家たちの情熱を感じてください。
イベント情報
①講演会「天心記念茨城賞を語る」
日時:5月15日(土) 13時30分~(約60分)
講師:倉島重友(第7回天心記念茨城賞受賞者、日本美術院同人)
定員:30名(参加無料)要事前申込(抽選制)
会場:講座室

②展覧会担当学芸員による作品解説
スライドを使って展覧会のみどころをご紹介します。
日時:5月9日(日)・5月22日(土) 各日13時30分~(約30分)
定員:30名(参加無料)要事前申込(抽選制)
会場:講座室

③来て・見て・発見!アートツアー for kids
日時:4月29日(木・祝)
午前の部:10時~12時/午後の部:13時30分~15時30分
対象:各回小中学生と保護者5組(参加無料)要事前申込(抽選制)
集合場所:講座室

④映画会
日時:5月16日(日) 10時30分
「チャップリンの放浪者」1916年(25分)
「日々ノ境メ。國司華子」2012年(18分)
定員:57名(入場無料)要事前申込(先着順)
会場:講堂

イベント申込方法
当館HPにて、内容の詳細、申込期間をご確認の上、各イベントの申込みフォームからお申込みください。
①・②:お一人様(1グループ)1回、2名まで申込み可。
③:お一人様(1グループ)1回、小中学生2名まで申込み可。
④:お一人様1回、1名申込み可。
※各イベントは日時・内容等変更になる可能性があります。
ホームページ
http://www.tenshin.museum.ibk.ed.jp/02_tenrankai/01_kikaku.html
会場住所
〒319-1703
茨城県北茨城市大津町椿2083
交通案内
電車: JR常磐線にて大津港駅下車。タクシーで約5分。
車: 常磐自動車道、北茨城インター及びいわき勿来インターから約15分。
ホームページ
http://www.tenshin.museum.ibk.ed.jp/
茨城県北茨城市大津町椿2083
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索