タイトル等
藤田道子 ほどく前提でむすぶ
会場
茅ヶ崎市美術館
会期
2021-04-03~2021-06-06
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、状況によっては、会期等が変更になる場合がございます。最新情報は、美術館ホームページをご覧ください。
休催日
月曜日(ただし5月3日は開館)、5月6日[木]
開催時間
10:00~17:00
(入館は16:30まで)
観覧料
一般700円(600)/大学生500円(400)/市内在住65歳以上350円(250)
※高校生以下、障害者およびその介護者は無料 ※( )内は20名以上の団体料金
主催者
公益財団法人茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財団
概要
2017年、茅ヶ崎市美術館のエントランスにおいて、建物の空間と湘南の冬の光を活かした見事な空間作品(インスタレーション)により、来館者を魅了した藤田道子の公立美術館で初めてとなる個展を開催します。藤田は、絹糸、布、ビーズ、鏡、木片などの素材を用いて、光や風などの自然現象の微細な移ろいをみずみずしい感性で捉え作品に仕上げます。そして、作品は置かれた場所、日、時間帯により、刻々と姿を変え、我々の感覚を研ぎ澄ます装置のように存在します。本展では、これまで藤田が制作してきたシルクスクリーンや立体作品に加えて、近年取り組んでいるアニメーションや紙の作品、そして、展覧会のタイトルにもつながるリボンを素材とした大規模なインスタレーションを展開します。プレゼントを包み、ほどく前提で結ばれるリボンに、人間同士の柔らかな関係性を意味づけていく作家の新しい試みとなります。
春の季節に、人々が外にでて深呼吸をすることをそっと促すような展覧会となるでしょう。
イベント情報
【アーティストトーク】
日時||①4月17日[土]16:00-(約45分)
②5月30日[日]14:00-(約45分)
出演||藤田道子[アーティスト]
料金||無料(要観覧券/申込不要)
※①は手話通訳付き

【キュレータートーク】
日時||①5月1日[土]14:00-(約45分)
②6月3日[木]14:00-(約45分)
出演||藤川悠(当館学芸員)
料金||無料(要観覧券/申込不要)
※視覚に障害のある方もご相談ください
ホームページ
http://www.chigasaki-museum.jp/exhi/20210403-0606
会場住所
〒253-0053
神奈川県茅ケ崎市東海岸北1-4-45
交通案内
■ 公共の交通機関でお越しの場合
徒歩
JR茅ヶ崎駅南口より 高砂通りを南へ向かい 徒歩約8分です。

バス
同駅南口よりコミュニティバスえぼし号をご利用ください。
① 中海岸南湖循環市立病院線に乗車(約1分)し、
② 図書館前で下車、高砂緑地入口まで約70mです。

■ お車でお越しの場合
新湘南バイパス [茅ヶ崎海岸IC]より 江の島方面(左側二車線)へ、[柳島]交差点を左折し、国道134号線を進み、[野球場前]交差点を左折し、約800m直進すると右手に美術館専用駐車場があります。
ホームページ
http://www.chigasaki-arts.jp/museum/
神奈川県茅ケ崎市東海岸北1-4-45
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索