タイトル等
ミニマル/コンセプチュアル
ドロテ&コンラート・フィッシャーと1960-70年代美術
会場
愛知県美術館
会期
2022-01-22~2022-03-13
休催日
月曜日[祝日または振替休日の場合はその翌平日]
年末年始、展示替え等による整理期間
開催時間
10:00~18:00
金曜日は20:00まで[入館は閉館30分前まで]
概要
直感的な判断によって作品を制作せずに、幾何学的な法則に基づいて形作った素材をそのまま提示するミニマル・アートと、物理的な形をもつことを作品の成立条件とは考えず、芸術家の着想と行為こそを重視するコンセプチュアル・アートは、対立しながらも共通する問題意識をもつ芸術動向として1960-70年代に展開し、今日の現代美術の源流となるものです。これらを国際的な動向としていち早く紹介したのが、1967年にデュッセルドルフにギャラリーを開いたコンラート・フィッシャーでした。本展では、故フィッシャー夫妻のコレクションを収蔵したノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館の全面的な協力を得て、ミニマル/コンセプチュアルな作家たちの作品を、その制作プロセスを語る貴重な資料とともに紹介します。
会場住所
〒461-8525
愛知県名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター8階
交通案内
・地下鉄東山線・名城線「栄」駅、名鉄瀬戸線「栄町」駅下車。オアシス21を経由し徒歩3分。
(オアシス21地下階連絡通路が愛知芸術文化センター地下2階に接続、オアシス21地上階はセンター2階に接続しています。エレベーターで10階にお上がりください。)
・有料駐車場あり(愛知芸術文化センター地下)
ホームページ
https://www-art.aac.pref.aichi.jp/index.html
愛知県名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター8階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索