タイトル等
1961-74 荒川修作ドローイング 展
―意味のメカニズム―
会場
名古屋画廊
会期
2021-04-03~2021-04-10
休催日
日・祝休廊
開催時間
11:00a.m.~6:00p.m.
(土曜日 12:00p.m-5:00p.m)
概要
■意味のメカニズム―荒川修作のドローイング(1961-74年)展 馬場駿吉
荒川修作(1938-2010年)は、一見棺桶様の木箱の中に不穏な気配が漂うセメント塊を設置した初期作品を残したまま、1961年、ニューヨークに渡った。それを機に作風は一転。図形、記号、文字などで構成される表現に変貌する。渡米早々、出会ったマルセル・デュシャンが主張するように単に網膜で受容される映像のみならず、脳を含めた認知機構を刺激する作品存在であるべきだという理念に目覚める。やがて終生のパートナーとなった詩人マドリン・ギンズとともに、思想、哲学、医学 生物学 物理学などを含む科学、環境保全に関する学問など、人類をとり巻く多様な知的領域を綜合して世界を捉え、そのモデルを創出する方向へと突き進むことになる。今回展示されるドローイングは「意味のメカニズム」というタイトルで1961年から74年までに試みた〈古い固定概念を脱ぎ捨てる実験〉の軌跡を描き遺したもの。荒川+ギンズの思考過程を解読する上でも貴重な資料といえよう。本シリーズは近年、惜しまれつつ閉館した原美術館(東京)で1994年に展示されたが、その後、長く公開されることのなかったシリーズ作品。このたび荒川の出身地・名古屋であらためてめぐり合うことが出来るのを喜びたい。(美術評論)
ホームページ
https://www.nagoyagallery.co.jp/publics/index/23/detail=1/b_id=88/r_id=863#block88-863
会場住所
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄1-12-10
交通案内
【公共機関で…】
地下鉄東山線または鶴舞線で伏見駅下車(名古屋駅から地下鉄東山線で一駅)地下鉄伏見駅6番出口(御園座口)より直進約100メートル

【お車で…】
広小路伏見交差点を南へ約100m直進し、三蔵(みつくら)交差点の南西のカド ※お車は西隣の秋月パークをご利用ください。
ホームページ
http://www.nagoyagallery.co.jp/
愛知県名古屋市中区栄1-12-10
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索