タイトル等
現代花鳥図の世界
会場
町立湯河原美術館
平松礼二館
会期
2021-09-30~2021-12-20
概要
平安時代に中国から伝わった花鳥図は、その名のとおり花と鳥を画題にした絵画です。日本では身の回りにある草木や生き物、四季折々の風物を対象に、風雅や風流などの精神性も含みながら、日本の風土の中で独自に発展してきました。
花鳥図は室町時代の彩色襖絵や桃山時代の金碧障壁画、江戸時代には円山四条派や琳派、浮世絵師らにより描かれ、日本の様式美を象徴する画題として現代に至るまで受け継がれています。
平松画伯は、50代の頃にクロード・モネの作品に出会い、日本人とともに通する感性を見出したといいます。ライフワークとしてフランス印象派のジャポニズムを研究し、その成果を自身の作品により表現する中で、日本の美の本質である「装飾性」を再認識するに至りました。近年では、日本文化の「飾り」「様式」「遊び」を意識した華麗な作品を生み出しています。
今回の企画展では、平松作品の中から動植物を描いた作品を展示し、独自の視点でとらえた花鳥図をご覧いただきます。
会場住所
〒259-0314
神奈川県足柄下郡湯河原町宮上623-1
交通案内
電車・バスをご利用の場合

JR東海道本線 「湯河原駅」下車
改札を出てすぐの2番バス乗り場から、不動滝、または奥湯河原行きバスで約12分
バス停 「美術館前」下車
(伊豆箱根バス・箱根登山バス)


お車をご利用の場合

東京方面から
西湘バイパス「石橋」インターを降り、国道135号線を伊豆方面へ約20分
「湯河原駅入口」交差点を右折し、道なりに約10分です。
駐車場は美術館の正面玄関から10m進み左折(建物の裏側にあります)

■ 駐車場
駐車場 (15台) 美術館に入館の方は無料
午前9時00分~午後4時30分までご利用できます。
大型バスの駐車場ご利用の際は、事前にご連絡ください。
ホームページ
http://www.town.yugawara.kanagawa.jp/kyoiku/museum/
神奈川県足柄下郡湯河原町宮上623-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索