タイトル等
開館20周年記念
フランソワ・ポンポン展
動物を愛した彫刻家
会場
群馬県立館林美術館
会期
2021-11-23~2022-01-26
休催日
月曜日(ただし1月10日は開館)、12月29日(水)~1月3日(月)、11日(火)
開催時間
午前9時30分~午後5時
(入館は4時30分まで)
観覧料
一般900円(720円)、大高生450円(360円)
*( )内は20名以上の団体割引料金
*中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
主催者
群馬県立館林美術館
協賛・協力等
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本 企画協力:美術デザイン研究所
概要
20世紀前半のフランスにおいて革新的な動物彫刻を生み出したフランソワ・ポンポン(1855-1933)は、はじめ彫刻家の下彫り職人をしながら人物像の発表を続け、50歳を過ぎてから動物彫刻へと向かいました。ロダンに学んだヴォリュームと動きの表現を念頭に、農家や動物園で動物観察を行い、さらに古代エジプト美術にならった形態の単純化を進め、1906年、生命感と洗練化の完璧なバランスをもつ新しい動物彫刻を世に出します。その革新性は、1922年に発表された体長2.5mの記念碑的な傑作《シロクマ》によって一躍注目を集めることとなり、亡くなるまでの十数年間、同時代の古典的な彫刻とモダンなアール・デコ装飾、双方の美意識から高く評価され、活躍の場を広げました。
ポンポンのまとまった作品・資料コレクションをもつ当館では、作品展示とともに、ポンポンのアトリエを再構成した別館「彫刻家のアトリエ」で資料を公開し、調査研究を続けてきました。開館20周年記念として開催される本展は、フランスのディジョン美術館、出身地ソーリューのフランソワ・ポンポン美術館、パリのオルセー美術館の作品と当館所蔵作品をあわせ、初期から晩年までの石彫、ブロンズ、石膏、デッサン、約90点を紹介する日本初のポンポンの回顧展です。
さらに当館会場では、ポンポンが収集した動物の写真や絵はがき、ポンポンが使った道具など、所蔵作品から150点余りを一挙に展示し、ポンポンの美しい動物彫刻誕生の背景と魅力に迫ります。
イベント情報
○イベントは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、状況に応じて変更になることがあります。
○各事業の詳細・申込方法は、HPをご覧いただくか、直接お問い合わせください。
○イベントは全て無料。

●記念講演会 「ポンポンと動物彫刻の世界」
12/5(日)14:00~15:30[要申込・先着50名・講堂]
講師=高橋明也氏(美術史家・前三菱一号館美術館館長)

●アーティストが語るフランソワ・ポンポン
①12/12(日)野口哲哉氏(現代美術作家) ②12/19(日)はしもとみお氏(彫刻家)
各日14:00~15:00[要申込・先着50名・講堂]

●連続講座
・「ポンポンの石膏のひみつ」 1/9(日)講師=神尾玲子(当館学芸員)
・「フランス、ポンポンの故郷を訪ねて」 講師=松下和美(当館学芸員)
①1/16(日)「パリ」 ②1/23(日)「ブルゴーニュとノルマンディー」
各日14:00~15:00[申込不要・先着50名・講堂]

●学芸員による作品解説会
12/1(水)、12/25(土)14:00~(約40分)
[申込不要・先着50名・講堂]

●たてび☆びじゅつ部
「ポンポンのマリオネットを作ろう」
12/18(土)13:30~15:30
[要申込・先着18組・別館ワークショップ室]

●たてび☆キッズウォーク
11/27(土)、1/22(土)各日13:00~15:30
*自由な時間に参加できます(参加記念品付き)。
[申込不要・小中学生対象・展示室]
ホームページ
http://www.gmat.pref.gunma.jp/ex/ex_next.html
会場住所
〒374-0076
群馬県館林市日向町2003
交通案内
○ 車:
東北自動車道 館林I.C.から 約9km
北関東自動車道 太田桐生I.C.から 約15km
○ 電車:
東武伊勢崎線 多々良駅から 約1.2km (徒歩20分)
東武伊勢崎線 館林駅から 約4km (東口からタクシー10分)
○ バス:
館林駅前(東口)から 多々良巡回線バス、往路30分、復路15分。
バス停「県立館林美術館前」から すぐ、または
バス停「西高根町」から 徒歩15分。

[東京都内からのご案内]
○ 浅草駅 (東京メトロ銀座線、都営地下鉄浅草線) または 北千住駅(JR常磐線、東京メトロ日比谷線・千代田線・半蔵門線、つくばエクスプレス)から 東武スカイツリーライン・伊勢崎線をご利用ください。特急「りょうもう」の場合、浅草駅(北千住経由)~館林駅の所要時間は約60分。
○ JR宇都宮線ご利用の場合は、久喜駅で東武伊勢崎線に乗り換え。久喜駅~館林駅の所要時間は約30分です。
ホームページ
http://www.gmat.pref.gunma.jp/
会場問合せ先
0276-72-8188
群馬県館林市日向町2003
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索