タイトル等
たてびレポート
開館20周年を楽しむ展覧会
会場
群馬県立館林美術館
展示室1~4
会期
2021-09-18~2021-11-07
休催日
月曜日(ただし9月20日(月・祝)は開館)、9月21日(火)
開催時間
午前9時30分~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般620円(490円)、大高生310円(240円)
( )内は20名以上の団体割引料金
*中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料 *10月28日(木)県民の日は無料
主催者
群馬県立館林美術館
協賛・協力等
[協力]館林市日本遺産プロジェクト、ミヅマアートギャラリー
概要
群馬県立館林美術館は、今年で開館20周年を迎えます。本展では、コレクションによって美術館のこれまでとこれからを考えるとともに、アートを楽しむ展示を行います。当館は開館以来の大きなテーマとして、「自然 と人間とのかかわり」を掲げてきました。そこで、まず収蔵・寄託作品から動物や人、自然を表現した作品を中心に展示し、これまでの活動について振り返ります。そして、コレクションの広がりやこれからを考える機会として、今年度新しく収蔵した群馬県ゆかりの作家である山口晃の《深山寺参詣圖》を初披露し、作家へのインタビューにより深掘りした紹介を行います。また、アートによって地域とのつながりや未来に思いを馳せるため、参加型の作品を制作する2名のアーティストによる展示を行います。古着を素材として作品を制作する安部泰輔は、会期中展示室内で公開制作を行います。言葉アートを開発し芸術表現を開拓する星素子は、会期前から館林市内で活動を行い、地域の方々から集めた素材によるインスタレーション作品の制作や、公開制作を行います。アート体験によって美術館や地域について知ったり、良さに気づく機会となれば幸いです。
イベント情報
出品作家による展示とイベント
◎星素子 展示『館林バトン&エアハグ』(展示室1)
星素子は「未来へ手わたしたいもの」を問いかけ、地域の小中学校や施設でのワークショップやBOX設置で作品素材を収集するプロセスを重ねて、館林の自然や人の想いが多様に現れる参加型アート《館林バトン》を制作します。また、コロナ禍での新作シリーズ《エアハグ》の公開制作や「言葉アート」作品を交え、詩的なインスタレーション空間を創出します。
協力:館林市日本遺産プロジェクト、丸富製紙株式会社、株式会社共和、日鉄ステンレスアート株式会社、株式会社誠和製作所、株式会社クサカベ

◎星素子 言葉アートワークショップ「館林バトン」
10/3(日) 14:00~15:30 (要申込・先着6組(1組4名まで)・別館ワークショップ室、展示室1)
紙のロール芯に漢字と理由をかき、彩色します。

◎安部泰輔 展示とワークショップ「ハヤシガモリ」
(申込不要・会期中毎日・先着1日10名・参加費1000円・展示室4)
古着を素材としてぬいぐるみを制作する現代美術家の安部泰輔は、会期中毎日展示室に滞在し、ワークショップを行います。ワークショップ参加者の描いた絵からぬいぐるみの作品を制作し、出来たぬいぐるみ(作品)と絵は、会期最終日まで古着の「木」に「実」として飾り、終了後に郵送でお渡しします。
*事前に募集した古着を使って制作します。古着の持ち込み、指定はできません。
*絵は会場で描いていただきます。絵の持ち込みはできませんので、あらかじめご了承ください

その他のイベント
◎学芸員による作品解説会(申込不要・無料・先着50名・講堂)
9/29(水)、10/16(土) 各日14:00~(30分程度)

◎たてび☆キッズウォーク(申込不要・小中学生対象・展示室)
10/9(土)、11/6(土) 各日13:00~15:30
※自由な時間に参加できます。 ※参加記念品付き

*各展示やイベントについての詳細・申込方法は、個別チラシやホームページでご確認ください。→ http://www.gmat.pref.gunma.jp/
*新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、状況に応じて変更になることがあります。
ホームページ
http://www.gmat.pref.gunma.jp/ex/ex_next.html
会場住所
〒374-0076
群馬県館林市日向町2003
交通案内
○ 車:
東北自動車道 館林I.C.から 約9km
北関東自動車道 太田桐生I.C.から 約15km
○ 電車:
東武伊勢崎線 多々良駅から 約1.2km (徒歩20分)
東武伊勢崎線 館林駅から 約4km (東口からタクシー10分)
○ バス:
館林駅前(東口)から 多々良巡回線バス、往路30分、復路15分。
バス停「県立館林美術館前」から すぐ、または
バス停「西高根町」から 徒歩15分。

[東京都内からのご案内]
○ 浅草駅 (東京メトロ銀座線、都営地下鉄浅草線) または 北千住駅(JR常磐線、東京メトロ日比谷線・千代田線・半蔵門線、つくばエクスプレス)から 東武スカイツリーライン・伊勢崎線をご利用ください。特急「りょうもう」の場合、浅草駅(北千住経由)~館林駅の所要時間は約60分。
○ JR宇都宮線ご利用の場合は、久喜駅で東武伊勢崎線に乗り換え。久喜駅~館林駅の所要時間は約30分です。
ホームページ
http://www.gmat.pref.gunma.jp/
会場問合せ先
0276-72-8188
群馬県館林市日向町2003
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索