タイトル等
挑む 岡本太郎展
会場
川崎市岡本太郎美術館
会期
2021-04-24~2021-07-04
休催日
月曜日(5月3日を除く)、5月6日(木)、5月7日(金)
開催時間
9:30~17:00
(入館は16:30まで)
観覧料
一般 900(720)円、高・大学生・65歳以上 700(560)円、中学生以下は無料
※( )内は20名以上の団体料金
※常設展示とセットの料金となっております。
主催者
川崎市岡本太郎美術館
概要
戦後、旧態依然とした日本の画壇や社会に対峙し、自らの力で新しい芸術の創造に挑んだ岡本太郎。
画家として出発した岡本は、絵画という狭い枠組みを超えて壁画や彫刻、家具や日用品に至るまで様々なジャンルに挑戦し、数多くの作品を制作。巨大なモニュメント制作にも挑み、《太陽の塔》を代表作とするパブリックアートを日本各地に設置しました。
岡本太郎はまた、雑誌や著作、テレビやラジオなど、様々なメディアを通じて幅広い分野にわたり旺盛な言論活動を行ったことでも知られています。
岡本の発する力強いメッセージは、美術界だけでなく広く一般の人々に影響を与えました。岡本の強靭な思想は、 少年期に岡本一平、かの子という芸術一家のなかで育ち、両親と対等に議論を交わすことで培われ、青年期のパリで時代の先端をゆく芸術家や思想家たちと交流し、ともに活動するなかで身につけたものです。
生涯をかけて時代に挑み、ジャンルを超えて多彩な作品を生み出し、メッセージを発信し続けた岡本太郎。本展では、挑み続けた岡本太郎の足跡を、多彩な作品と岡本の言葉とともに紹介します。
岡本太郎の作品や言葉の数々は、現在のコロナ禍で閉塞した社会を生きる私たちをも勇気づけ、時代を乗り越えて生きる力を与えてくれるでしょう。
本展によって、これからの時代を私たちはどのように生きていくべきかを考えるきっかけとなれば幸いです。
イベント情報
「挑む 岡本太郎」展ギャラリートーク
学芸員が展覧会のみどころや作品についてわかりやすく解説します。
日 時: 6月6日(日)、6月20日(日)14:00~
場 所: 企画展示室
対 象: どなたでも
料 金: 観覧料のみ

「太郎とあなたでダンスする」
展示作品に自分が加わるとしたら?
岡本太郎の世界観を身体で広げることに挑む、ちょっと変わったダンスワークショップ。
絵画や彫刻に全身で向き合って、作品達により一層の躍動感を与えて楽しもう!ダンス制作の様子はカメラマンに撮影してもらい、最終的にスペシャルムービーになって配信されます!
日 時:6/26(土)14:00~16:00
講 師:ホナガヨウコ(ダンスパフォーマー/振付家)
ゲスト:金田幸三(写真家)
対 象:小学校4年生以上、身体表現してみたい方ならどなたでも
(ダンス未経験OK、友達同士や親子参加も大歓迎!)
定 員:7名
場 所:企画展示室・ガイダンスホール
料 金:無料(要観覧料)
申 込:電話受付(6/2(水)10:00から受付開始)、先着順
持ち物:水分補給のための飲み物、汗拭き用のタオル、動きやすい服装(太郎作品をイメージした格好もオススメです!)
そのほか楽器の持ち込み可(笛、マラカス、カリンバ、ジャンベなど)
◆本イベントは撮影・動画配信(含・ライブ配信)されます。ご参加の際はその旨ご了承ください。
◆新型コロナウイルス感染拡大防止の措置として、距離を十分にとりながら行います。
◆体調のすぐれない方はご参加をお控えください。ご来館の際は、マスク着用などの感染症対策をお願いいたします。

「生命の挑み」
ATSUSHIが岡本太郎の作品に挑みます。
出 演:ATSUSHI(舞踊家)
日 時:7月4日(日) 15:00~16:00
会 場:企画展示室、母の塔
料 金:無料(要観覧料)

※その他関連イベントは随時お知らせします。
※新型コロナウイルス感染拡大対策のため、イベントの開催内容が変更となる場合がございます。
会場住所
〒214-0032
神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5
交通案内
小田急線 向ヶ丘遊園駅から
岡本太郎美術館の最寄り駅は「小田急線 向ヶ丘遊園駅」です。
向ヶ丘遊園駅 は、新宿から、小田原・湘南方面への急行で約20分、普通電車で約40分です。
多摩急行、快速急行は向ヶ丘遊園駅に停まりませんのでご注意ください。
【徒歩】 約17分
南口から道なりに進み、ダイエーを左手に見ながら稲生橋交差点を渡ってください。そのまま直進し、生田緑地の入口から坂道を上がり、芝生広場の右手奥が美術館です。
【タクシー】
南口タクシー乗り場から、行き先を「生田緑地東口」ないしは「日本民家園まで」とご指定ください。生田緑地の入口まで4分程度、そこから徒歩で約5分です。
【バス】
南口ターミナルから川崎市バス「溝口駅南口行」(5番のりば・溝19系統)乗車、「生田緑地入口」で下車(約3分)、バス停より徒歩約8分です。
※1時間に1~2本の運行です。
北口ターミナルから小田急バス「専修大学行」乗車、終点「専修大学前」で下車(約10分)、バス停より生田緑地西口園路(通行可能時間 8:00~17:30)を通って徒歩約6分です。


JR南武線・小田急線 登戸駅から
徒歩では約30分かかりますので、小田急線に乗り換えて向ヶ丘遊園駅をご利用ください。
【タクシー】
タクシーをご利用の場合は、向ヶ丘遊園駅からとほぼ同料金です。ご利用の際は、行き先を「生田緑地東口」ないしは「日本民家園まで」とご指定ください。
【バス】
川崎市バス(藤子・F・不二雄ミュージアム経由)「生田緑地」行きに乗車、終点「生田緑地」下車(約16分)、バス停より徒歩約5分です。
※10時~16時台は1時間に1本程度の運行、藤子・F・不二雄ミュージアム休館日は運休です。


JR南武線 武蔵溝ノ口駅・東急田園都市線 溝の口駅から
川崎市バス「向丘遊園駅南口行」(2番のりば・溝19系統)に乗車し、「生田緑地入口」で下車(約20分)、バス停より徒歩約8分です。
※1時間に1~2本の運行です。


東急田園都市線 梶が谷駅から
東急バス「向ヶ丘遊園駅南口行」(1番のりば・向01系統)に乗車し、「飯室」バス停で下車(約17分)、バス停より徒歩約10分です。
※1時間に2~3本の運行です。


東急田園都市線・横浜市営地下鉄 あざみ野駅から
小田急バス「向ヶ丘遊園駅北口行」(1番のりば・向11系統)に乗車し、「専修大学入口・川崎ゴルフ場入口」バス停で下車(約10分)、進行方向右手の坂道を上がり、生田緑地西口園路(通行可能時間 8:00~17:30)を通ってください。


東名 川崎インターから
普通車両の場合は、川崎インターを左折し、二つ目の信号(犬蔵交差点)を右折してください。そのまま直進し(約7分)、平三叉路を中央に進み、生田緑地の「東口駐車場」(有料)をご利用ください。
※カーナビをご利用の場合には、行き先を「生田緑地東口駐車場」とご入力ください。
大型車両の場合(バスなど)は、川崎インターを左折し、尻手黒川線を清水台で右折。浄水場通りを根岸陸橋で右折、世田谷町田線を多摩警察署前で右折し、府中街道の稲生橋交差点を右折して生田緑地の「東口駐車場」(有料)をご利用ください。詳しくは生田緑地東口ビジターセンターへ:044-933-2300


国道246号線から
国道246号線の溝ノ口交差点(立体交差)を、東京方面からは右折、町田方面からは左折し、府中街道に入って、府中方面に直進してください(約15分)。稲生橋交差点を左折し(約2分) 生田緑地の「東口駐車場」(有料)をご利用ください。
※カーナビをご利用の場合には、行き先を「生田緑地東口駐車場」とご入力ください。
ホームページ
http://www.taromuseum.jp/
神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索