タイトル等
南桂子生誕110年記念
蝶の行方展
会場
ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
会期
2021-04-10~2021-08-09
|前期|4.10[土]⇀6.6[日]
|後期|6.12[土]⇀8.9[月・振休]
最新の開館情報、イベントの予定は公式HPでご確認ください。
休催日
月曜日(祝休日の場合は翌火曜、ただし5/4は開館)
※6/8~6/11は展示替えのため休館いたします。
開催時間
11:00~17:00
(土日祝10:00~/最終入館16:30)
【ナイトミュージアム開催】
会期中、第1・3金曜日(5/7、5/21、6/4、6/18、7/2、7/16、8/6)は20:00まで開館、最終入館19:30 ※4月は中止いたします。
観覧料
大人600円/大学・高校生400円/中学生以下無料
概要
20世紀後半、フランスで抒情溢れる作品を制作した銅版画家、南桂子(1911-2004)の生誕110年記念展を開催します。
南桂子は、富山県高岡市に生まれ、高等女学校時代から絵画や詩作に親しみました。戦後、東京に出て油彩画を発表する中で、後に20世紀を代表する銅版画家となる浜口陽三と出会い、銅版画の魅力を知ります。1953年にフランスへ旅立ち、現地で版画を学んだ後は、鳥、お城、女の子など童話のようなモチーフと、静かな色合いの作品を制作し続けました。作品はユニセフやニューヨーク近代美術館のクリスマスカードに採用され、今もなお世界中の人々に愛され続けています。
本展は南桂子の作品を初期から晩年まで、銅版画を中心に約50点(前後期で展示替えあり)、浜口陽三の作品10点の構成です。このほか、南桂子が集めたアクセサリーの数々を紹介します。透き通った石のネックレスや不思議な形のブローチは、ひとつひとつが個性に溢れ、作家の感性を映しています。
広い空を飛ぶ蝶や鳥は、異国の地で作品を生み出し続けた作家自身を連想させます。現代の人々に心地よく寄り添い続ける線や色をゆっくりとご鑑賞ください。
イベント情報
Zoomで開催する オンラインイベント
イベントはWEB会場システム「Zoom」を使用します。
実際の作品の色や形から連想されるイメージをもとに、イベントへご参加いただくことをおすすめします。

[手描き友禅でつくる小さなハンカチ]
南桂子作品のモチーフに手描き友禅染めの代表的な工程である「色挿し」を簡易的なキットを用いて行います。色と線の表現を楽しみながら、オリジナルのハンカチを制作します。
講師_クワバラマキコ
(手描き友禅職人/染め工房造舎)
日時_5/16(日)【午前の部】11:00-12:30
【午後の部】14:30-16:00
参加費_2300円
定員_12名(各回6名)

[色と出会う絹のアクセサリー]
南桂子の作品からイメージした色の絹を使用し、絞り染め、型染めで繊細な模様のアクセサリーを制作します。
講師_寺村サチコ
(テキスタイルアーティスト)
日時_6/12(土)【午前の部】11:00-12:00
【午後の部】14:00-15:00
参加費_2900円
定員_12名(各回6名)

オンラインイベント申込方法
4/10(土)より当館受付にて申込み(※定員になり次第締め切り)
お名前、お電話番号、メールアドレスをご記入いただき、参加費のお支払後、材料キットをお持ち帰りいただけます。

美術館にて開催のイベント
感染症対策を行った上で、開催いたします。最新の情報はHPをご覧ください。

[きらめくガラスのお皿づくり]
ガラスの型に線刻する作業は版を彫ることに似ています。南桂子の繊細な世界を感じながら、ガラスのお皿の型に小さなレリーフを制作します。完成したお皿は、後日焼いてお届けします。
講師_小池志麻(ガラス作家)
日時_7/24(土)、7/25(日)
両日ともに【午前の部】11:00-12:00
【午後の部】14:00-15:00
参加費_3000円+入館料
定員_16名(各回4名)

[手製本で綴じる、蝶々のアートブック]
本を開いた形は、蝶が羽を広げている様子に似ています。ページを蝶の羽に見立て、様々な色や質感の紙を組み合わせ、飾っても楽しめるアートブックに仕立てます。
講師_本間あずさ(製本家/「空想製本屋」店主)
日時_8/1(日)【午前の部】11:00-12:30
【午後の部】14:30-16:00
参加費_700円+入館料
定員_10名(各回5名)

当館開催イベントの申込方法
6/10(木)12:00よりお電話(電話 03-3665-0251)にて申込み
(※定員になり次第締め切り)

※いただいた個人情報は、イベント開催時、およびイベントに関するご連絡以外には使用しません。
展示替え情報
前後期で展示替えがあります
ホームページ
https://www.yamasa.com/musee/exhibitions/20210410-0809/
会場住所
〒103-0014
東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7
交通案内
地下鉄

◎半蔵門線水天宮前駅 3番出口 徒歩1分
地下鉄半蔵門線の水天宮前駅の3番出口から地上に出たら、うどん屋さんと、細い道路を隔てて左斜め向かいに、1階ガラス張りのギャラリー風の建物を探してください。
入口上方に青色と黒色の旗(バナー)が見えます。

◎日比谷線人形町駅 A2出口 徒歩8分
◎浅草線人形町駅 A5出口 徒歩10分
人形町通りを半蔵門線水天宮前駅方向へ、FedEx Kinko's Japan (フェデックス キンコーズ・ジャパン) を通り過ぎ、さらに200mほどまっすぐ行きます。首都高速高架のすぐ手前右側の厚木クリニックの角を右に曲がると2軒目の建物が美術館です。1階ガラス張り、入口上方の青色と黒色の旗(バナー)が目印です。

※日本橋三越前から歩くと20分以上かかります。最寄駅の水天宮前のご利用をおすすめします。


バス

中央区コミュニティバス(江戸バス) 北循環ルート
「蛎殻町一丁目水天宮前駅 <22番>」下車 徒歩3分
運行時間 20分間隔
料金 100円(未就学児無料)

主要駅からご利用の場合の所要時間
・東京駅から「東京駅八重洲北口(八重洲地下街北入口)<6番>」より約30分
・三越前駅から「本石町一丁目(日本橋三越前)<8番>」より約27分




首都高速 浜町出口から600m、約3分
首都高速 清洲橋出口から450m、約3分

東京シティエアターミナル駐車場入口前
※美術館には駐車場がありません。向かいのコインパーキングをお使いください。
ホームページ
http://www.yamasa.com/musee/
東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索