タイトル等
古川美術館 特別無料公開
人生の四季 深津昭彦 絵画展
会場
古川美術館
(第1展示室、特別展示室)
会期
2021-08-21~2021-08-29
コロナの感染状況、政府・自治体の要請を踏まえ、展覧会・各種イベントの中止・臨時休館をすることがあります。開催の有無など最新情報については必ず事前にHP等をご確認ください。
休催日
会期中無休
開催時間
午前10時~午後5時
(最終入館 午後4時半)
観覧料
無料
※但し分館 爲三郎記念館のご利用には、爲三郎記念館 単館券<呈茶付き>(1,000円)が必要です。

★パスポートワンコインお試しキャンペーン★
●キャンペーン期間:2021年8月21日(土)~29日(日)
●お試し入会金:500円
●パスポート利用期限:お試し入会の日~2021年10月31日(日)
※お試しキャンペーン入会の方は、年間パスポートへの正式入会がお得になります。

●正式入会期限:2021年12月19日(日)まで
●入会金:通常5,000円が3,000円になります
(パスポートカード期限2021年9月10日~2022年10月31日)
主催者
深津昭彦、公益財団法人 古川知足会
概要
かねてから、真の自由な人生は老後にあると思っていた私は
企業活動を終え芸術大学に入学し洋画を学んだ。
多少の無理はあったが青春を取り戻した気持ちで油絵制作に励み、
個展を2回開催した・・・ (深津昭彦)

古川美術館では、地域の芸術振興・文化発展を願い、特別無料公開による展覧会を開催いたします。
深津昭彦は、実業家として第一線で活躍しながらも、幼少より油絵を描きたいという強い憧れがありました。そして仕事を退いて70歳になってから、《油絵で100号を描く。そして個展をする》という夢を実現するべく、美大の門をたたき、名古屋造形大学に進学します。深津氏は50歳近く年の離れた学生たちとともに芸術理論を学び、ひたすら油絵を描き、大学以外でもデッサンに励んで絵画制作へ情熱を傾け、ただ自分の目の前にあるものを、丹念に真摯に描き続けていきました。そして中部国展へ100号の4連作「人生の四季」を出品し、そのうちの一つが奨励賞を受賞、また個展も2回開催して、入学時の目標を実現していったのです。
古川美術館は、この深津昭彦の絵画展を開催することで、彼の《70歳になってもここまでできる。強い思いは実現する》というメッセージと、そして《表現すること》が人生に与えてくれる大きな勇気と喜びを紹介します。
地域の文化振興、芸術の発展を願う人生の先輩から、これからの文化を担い、夢の実現に向かっていく若者へ送るエールとしてご覧ください。
会場住所
〒464-0066
愛知県名古屋市千種区池下町2-50
交通案内
【電車】
地下鉄東山線 池下駅1番出口より東へ徒歩3分
地下鉄東山線 覚王山駅1番出口より西へ徒歩5分

【市バス】
池下下車
(金山より)金山11系統/(大森車庫より)幹砂田1系統/(猪高車庫より)池下11系統/(猪子石団地より)茶屋12系統
ホームページ
http://www.furukawa-museum.or.jp/
会場問合せ先
052-763-1991
愛知県名古屋市千種区池下町2-50
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索