タイトル等
北の水彩
会場
北海道立旭川美術館
会期
2020-09-12~2020-11-01
休催日
月曜日(ただし9月21日を除く)、9月23日(水)
開催時間
午前9時30分~午後5時
(入場は閉館30分前まで)
観覧料
一般800(600)円、高大生500(400)円、小中生300(200)円
*第2展示室との共通料金:一般910円、高大生560円
*( )内は前売り、10名以上の団体、リピーター割引、旭川リンクリンクミュージアムによる割引料金。
*障害者手帳をお持ちの方等は無料。 *本展の前売り券は、9月11日(金)まで当館で販売します。
主催者
北海道立旭川美術館
協賛・協力等
共催 北海道新聞旭川支社
概要
水彩画は、画材の親しみやすさや手軽さから広く普及し愛されている絵画です。明治30年代後半から全国的に流行し、北海道でも、よく目にされるようになります。昭和初期には、中西利雄らによって、水彩画の革新をめざす動きが起こりました。ちょうどその頃、北海道では繁野三郎が水彩画家として頭角をあらわしてきており、昭和10年代に、札幌で、中西らの水彩画講習会が数回にわたって開催されたこともきっかけとなり、北海道でも水彩画が活気を帯びていきます。40年以上旭川で過ごした佐藤進は、昭和から平成にかけて活躍した北海道を代表する水彩画家の一人で、自宅近くの風景を描き続けました。
本展は、道内各地の美術館がネットワークでつながる「アートギャラリー北海道」事業として開催されます。水彩画を数多く所蔵している北海道立近代美術館、市立小樽美術館と当館のコレクションを中心に、明治から現在活躍中の作家まで、水彩画の魅力をご紹介します。
イベント情報
関連事業
○美術講演会「近代の水彩画と北海道」
日時:9月12日(土) 午前10時30分~11時30分
講師:新明英仁氏(市立小樽美術館館長)
会場:当館講堂(聴講無料・定員30名)

○アーティストトーク
日時:9月19日(土) 午後2時~3時
講師:石垣渉氏(本展出品作家)
会場:当館第1展示室(要観覧券)
日時:9月26日(土) 午後2時~3時
講師:高松秀人氏、宮西隆生氏(本展出品作家)
会場:当館第1展示室(要観覧券)

○上映会「石垣渉 水彩画 作品ができるまで」
本展出品作家・石垣渉の制作の様子を特別上映します。
日時:9月20日(日) 午後2時~2時30分
会場:当館講堂(入場無料・定員30名)

○こども工作ワークショップ
「カラフル魔法の折り染め飾り~水彩の美しさ」
日時:10月4日(日)
①午前11時~ ②午前11時45分~ ③午前12時30分~ ④午後1時15分~
会場:当館講堂(参加無料・各回定員10名)
対象:3歳くらい~小学校低学年
主催:旭川大学短期大学部椎名ゼミ

○講座「佐藤進と北海道の水彩画」
日時:10月10日(土) 午後2時~3時
講師:当館学芸員
会場:当館講堂(聴講無料・定員30名)

*イベントの予定は変更となることがございます。
*新型コロナウイルス感染拡大防止にご協力をお願いします。
会場住所
〒070-0044
北海道旭川市常磐公園内
交通案内
[徒歩]
JR旭川駅から徒歩20分

[バス]
JR旭川駅北側の1条通の14番バス停(1条8丁目)から、3・13・23・24・33・35番のバスに乗車。もよりのバス停は4条4丁目(3・33・35番)、徒歩5分。または8条西1丁目(13・23・24番)、徒歩3分。また、常磐公園前を経由するバスもご利用いただけます。バス停から徒歩7分。

[タクシー]
旭川駅前から約10分
ホームページ
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/abj/top.htm
北海道旭川市常磐公園内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索