タイトル等
特別展
水彩画家 白江正夫からのメッセージ
会場
市立小樽美術館
企画展示室
会期
2020-08-02~2020-10-11
休催日
月曜日(8/10,9/21をのぞく)、8/11、12、9/23、24、25
開催時間
9:30~17:00
(最終入館は16:30まで)
観覧料
一般600(480)円、市内高齢者・高校生300(240)円
小中学生無料
※( )内は20名以上の団体割引
概要
水彩画家・白江正夫は、多くの教え子、作品愛好者に惜しまれながら、2014年87歳で世を去りました。白江が亡くなり早6年が経ち、あらためて道画壇において、その存在の大きさを思い知らされています。
このたび白江正夫先生のご遺志を発端として、当館の外壁改装工事が実現しました。自らの代表作の多くを収蔵する当館の老朽化を憂いて、美観を整えるための資金を遺されていたのです。
白江正夫は、小樽を拠点に活躍し、この街の行く末を見守りながら描き続けました。小樽風景は好みの題材でしたが、「私をあれこれひきずり廻す」ものでもありました。本展は、道内水彩画界をリードし、小樽画壇を牽引した白江正夫の業績を、あらためて偲び、展覧するものです。彼のメッセージを、作品から感じとっていただければ幸いです。
会場住所
〒047-0031
北海道小樽市色内1-9-5
交通案内
○JR小樽駅から 徒歩でおよそ10分
(国道5号線を札幌方向へ進み、産業会館の交差点を海側方向へ左折。手宮線跡地及び日銀金融資料館の近くです)

○中央バス「本局前」バス停から 徒歩でおよそ5分
ホームページ
https://www.city.otaru.lg.jp/simin/sisetu/artmuseum/
北海道小樽市色内1-9-5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索