タイトル等
茅ヶ崎市/ホノルル市・郡 姉妹都市締結5周年記念
SUN SURF コレクション
ヴィンテージアロハシャツの魅力
会場
茅ヶ崎市美術館
会期
2020-09-12~2020-11-08
状況によって、会期等が変更になる場合がございます。最新情報は HPをご確認ください。
休催日
月曜日(ただし9月21日は開館)、9月23日(水)
開催時間
10:00~17:00
(入館は16:30まで)
観覧料
一般 800円(700円) 大学生 600円(500円) 市内在住65歳以上 400円(300円) 高校生以下、障害者およびその介護者は無料
※( )内は20名以上の団体料金
[アロハシャツ、アロハシャツ展オリジナルマスクを着用の方は、観覧料が団体料金(100円引き)になります!]
主催者
公益財団法人茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財団
協賛・協力等
協力:東洋エンタープライズ株式会社
概要
日本の夏の風景にすっかり馴染んだアロハシャツ。茅ヶ崎市では夏のクールビズスタイルとして正式採用されています。しかし、アロハシャツとはそもそもどのようなシャツなのでしょうか。どうしてハワイで生まれたのか。なぜ明るく派手なのか。日本の着物の紋様にある、龍や虎などの和柄もアロハシャツなのか。年代によって変化はあるのか。など、考えてみるとよく知らないことばかりです。
茅ヶ崎市とホノルル市・郡との姉妹都市締結5周年を記念して行われる本展覧会では、アロハシャツブランドSUN SURF(サンサーフ)のディレクターであり、世界的なアロハシャツコレクターとしても知られる小林亨一氏(東洋エンタープライズ株式会社代表取締役)の貴重なコレクションから選りすぐった、今では見る機会がほとんどない、1930年代から1950年代にかけて作られた貴重なヴィンテージアロハシャツを展示し、その魅力を伝えるとともに、ハワイの歴史、日本文化と日本人に深く関係するアロハシャツの全貌を紹介します。奇しくも今年は、アメリカの服飾文化に深く関わり、復刻にも力を注いできた、東洋エンタープライズ株式会社設立55周年にあたります。現代の服飾史の一端を紐解いていく、またとない機会になるでしょう。
イベント情報
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、関連イベントは行わない予定です。
ホームページ
http://www.chigasaki-museum.jp/exhi/2020-0912-1108/
会場住所
〒253-0053
神奈川県茅ケ崎市東海岸北1-4-45
交通案内
■ 公共の交通機関でお越しの場合
徒歩
JR茅ヶ崎駅南口より 高砂通りを南へ向かい 徒歩約8分です。

バス
同駅南口よりコミュニティバスえぼし号をご利用ください。
① 中海岸南湖循環市立病院線に乗車(約1分)し、
② 図書館前で下車、高砂緑地入口まで約70mです。

■ お車でお越しの場合
新湘南バイパス [茅ヶ崎海岸IC]より 江の島方面(左側二車線)へ、[柳島]交差点を左折し、国道134号線を進み、[野球場前]交差点を左折し、約800m直進すると右手に美術館専用駐車場があります。
ホームページ
http://www.chigasaki-arts.jp/museum/
神奈川県茅ケ崎市東海岸北1-4-45
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索