タイトル等
特別企画展
大人の嗜(たしな)み立花・鉄砲・古画鑑賞
会場
大和文華館
会期
2021-01-06~2021-02-14
休催日
毎週月曜日(ただし、1月11日〈祝〉は開館し、翌12日〈火〉が休館)
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時まで)
観覧料
一般630円 高校・大学生420円 小学・中学生無料
※20名以上の団体は相当料金の2割引で引率者1名無料
※「障がい者手帳」をお持ちの方とご同伴者1名2割引
概要
新春の開催となる本展では、日本人の暮らしをいろどってきた、趣味や芸道の世界の一端を、特別出陳作品と館蔵品でご紹介します。
まず、(花を飾る)と題したコーナーでは、室町時代の花伝書や、江戸時代の「立花図屏風」(華道家元池坊総務所蔵)と豪華絢爛たる「花車図屏風」(真正極楽寺[真如堂]蔵)をご覧いただきます。大名家の広大な床の間に、こうした花車が飾られることもあったと伝えられています。折り取った花を瓶にさすという行為を、芸道の域にまで磨き上げた人々もさることながら、それを大人の嗜みとして習得するたくさんの人々がいたからこそ、華道は護り伝えられてきました。
つづいて〔古画を味わう〕のコーナーでは、江戸時代の古画鑑定の様子を、狩野探幽が残した縮図をとおして眺め、最後の〔鉄砲をきわめる〕では、鉄砲術の華麗な秘伝書をとりあげます。17世紀のはじめに越前藩主松平忠直が手に入れた秘伝書は、金銀の源氏絵に彩られたものでした。実戦で鉄砲が使われていた時代のものですが、きな臭さを徹塵(みじん)も感じさせない書物です。
往時の大人の嗜みは、そのまま現代に通じるものではありませんが、そこに、これからの暮らしを豊かにするヒントがひそんでいるかもしれません。 (担当 泉万里)
イベント情報
特別講演
2021年1月10日(日) 午後2時 講堂
「『探幽縮図』から分かること―画家の技、古画への眼差し、失われた作品」
大阪大学大学院文学研究科准教授 門脇むつみ氏

日曜美術講座
20201年1月24日(日) 午後2時 講堂
「秘伝書の魅力―鉄砲伝書の金銀泥下絵(きんぎんでいしたえ)を中心に」
当館学芸部長 泉万里

スライドによる展覧会解説 毎週土曜日 午後2時 講堂(当館学芸部による)
会場住所
〒631-0034
奈良県奈良市学園南1-11-6
交通案内
近鉄奈良線 学園前駅下車、南出口より徒歩7分、無料駐車場あり
ホームページ
http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/
奈良県奈良市学園南1-11-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索