タイトル等
郡山の美術
今昔マル秘話展
雪村を中心に
守り継ぎ受け継ぐ、コレクションと郷土の美術
会場
郡山市立美術館
会期
2020-08-29~2020-09-27
休催日
毎週月曜日。ただし、9月21日(月・祝)は開館、23日(水)は休館。
開催時間
午前9時30分~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般300(240)円、高・大学生・65歳以上200(160)円
※( )内は20名以上の団体料金。
中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方は無料。
主催者
郡山市立美術館
概要
晩年を三春の地で過ごしたとされる雪村周継。奇想の画家とも称された室町時代後半を代表する画僧は、幅広く独創的な作風で後世の画家たちからも絶大な敬意を集めてきました。郡山市西田町にある雪村庵が地元で大切に守り伝えられてきたことも、この画僧が愛され続けてきた証左と言えるでしょう。三春、郡山の雪村作品や資料から、永きにわたるこの地と雪村の縁を辿ります。
郡山市立美術館所蔵の「四季山水図屏風」は、当館における調査で、紙継に特徴的な側面があることがわかりました。収蔵した作品を調査し、技法や材質を明らかにすることも美術館の大切な役割です。そしてそれは、作品を美しいまま後世に引き継ぐというもう一つの使命にもつながっていきます。
今回は雪村周継、大正から昭和初期に活躍した日本画家渡辺晨畝や郡山ゆかりの作家を紹介するとともに、当館の名品を守るための作品修復や所蔵品の秘密をご覧いただきます。
イベント情報
より深く楽しめる!
講演会、講座共通。
事前も申し込みが必要です。 定員各50名
参加申し込み方法
①~④をご記入のうえ、ハガキ・FAX・Eメールのいずれかでお申し込みください。
①参加希望イベント名
②参加希望者氏名(1件につき1名様まで)
③郵便番号・住所
④電話番後(FAX番号)
応募先
[ハガキ]〒963-0666
郡山市安原町字大谷地130-2
[FAX]024-956-2350
[Eメール]
bijutsukan@city.koriyama.lg.jp
※宛先、締め切りはそれぞれのイベントをご参照ください。定員を超えた場合、抽選となります。結果はハガキにてお知らせいたします。

講演会【聴講無料】
「雪村庵と福聚寺」
講師:玄侑宗久氏(福聚寺住職)
日時:9月22日(火・祝)午後3時から
場所:多目的スタジオ
申込〆切:9月6日(日)必着

特別講座【聴講無料】
「油彩画の修復~所蔵作品を通して」
講師:富山恵介氏(修復研究所21)
当館学芸員
日時:9月19日(土)午後3時から
場所:多目的スタジオ
申込〆切:9月6日(日)必着

美術講座【聴講無料】
「郡山ゆかりの作家たち」
日時:9月12日(土)午後3時から
場所:多目的スタジオ
講師:当館学芸員
申込〆切:8月30日(日)必着
ホームページ
https://www.city.koriyama.lg.jp/bijutsukan/exhibition/12592.html
会場住所
〒963-0666
福島県郡山市安原町字大谷地130-2
交通案内
郡山駅より 約4キロ

乗用車
・ JR 郡山駅より 約10分
・ 仙台、会津若松、新潟、いわき、水戸方面からは、
磐越自動車道 「郡山東I.C.」より 約20分
・ 白河、宇都宮、東京方面からは、
東北自動車道 「郡山南I.C.」より 約20分

JR線
・ 東北・秋田・山形新幹線、東北本線、磐越東西線、水郡線で郡山駅下車。
・ 東京駅から郡山駅まで 新幹線で約1時間20分です。

バス
・ 郡山駅前バス 5番乗り場より
「美術館経由 東部ニュータウン」行き (所要時間 約10分)
・ 郡山市美術館バス停から美術館までは、歩いてすぐ(約1、2分)です。
※バス時間は変更になることがあります。

福島空港
・ 札幌、大阪(伊丹)から直行便があります。
・ 福島空港からJR郡山駅まで リムジンバス約40分。
ホームページ
http://www.city.koriyama.fukushima.jp/bijyutukan/
福島県郡山市安原町字大谷地130-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索