タイトル等
小企画展
石器と人類の生活史
会場
岡山市立オリエント美術館
会期
2020-06-02~2020-09-30
会期延長
休催日
毎週月曜日
月曜日が祝日の場合は開館し、よく平日に休館
・8月10日(月・山の日)は開館し、11日(火曜日)が休館
・9月21日(月・敬老の日)は開館し、23日(水曜日)が休館
7月27日(月曜日)-7月31日(金曜日)は、小企画展「祈りの聖地・エルサレム」の準備のため休館

2020年10月1日(木曜日)より、美術館建築の大規模改修工事のため、約1年間、長期休館します。
・再開館の日程は、確定し次第、ウェブサイト等でお知らせします。
・長期休館中も職員、学芸員は館内で勤務しています。
開催時間
午前9時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般 310円(団体料金 250円)
高大生 210円(団体料金 160円)
小中学生 100円(団体料金 80円)
※団体料金は20名以上からの適用
※満65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は無料
※館蔵品展「オリエントの美に学ぶ」と共通
概要
人類は、約330万年前から石の道具を開発してきました。金属器が実用化されるのが約5千年前ですから、人類はとても長い時間、石の道具を開発してきたのです。オリエント美術館が所蔵する、50万年前から9千年前の石器を観察しながら、人類の進化や暮らしの変遷を辿ります。
ホームページ
https://www.city.okayama.jp/orientmuseum/0000022368.html
会場住所
〒700-0814
岡山県岡山市北区天神町9-31
交通案内
●JR岡山駅東口より
路面電車「東山」行き約5分、「城下(しろした)」下車、左手すぐ。

●JR岡山駅東口バスターミナルより
宇野バス「片上方面 瀬戸駅、四御神」行き、「表町入口」下車 徒歩1分
岡電バス「藤原団地」行き、「美術館前」下車 徒歩1分

●JR岡山駅東口バス停「ドレミの街前」より
循環バス「めぐりん」県庁・京橋線(Cルート)、「表町入口」下車 徒歩1分

●JR岡山駅東口より 徒歩15分。
ホームページ
http://www.orientmuseum.jp/
岡山県岡山市北区天神町9-31
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索