タイトル等
香りの器―高砂コレクション
会場
三重県立美術館
企画展示室(1階)
会期
2020-09-19~2020-12-13
休催日
毎週月曜日、9月23日(水)、11月24日(火)
(9月21日、9月22日、11月23日は開館します)
開催時間
9:30~17:00
(ただし、入館は16:30まで)
観覧料
一般900(700)円 学生700(500)円 高校生以下無料
( )内は20名様以上の団体料金

・この料金で「特集展示 榊莫山展(9月24日(木)から)」、「美術館のコレクション」、「柳原義達の芸術」もご覧いただけます。
・生徒・学生の方は生徒手帳、学生証等をご提示ください。
・障害者手帳等をお持ちの方および付き添いの方1名は観覧無料。
・県内学校(小・中・高・特別支援)等が来館する場合、引率者も観覧無料(要申請)。
・9月20日、10月18日、11月15日の「家庭の日」(毎月第3日曜)は団体割引料金でご覧いただけます。
・前売券は販売しておりません。
主催者
三重県立美術館
協賛・協力等
特別協力 高砂香料工業株式会社
企画協力 岡村印刷工業株式会社、株式会社求龍堂、株式会社アートワン
助成 公益財団法人三重県立美術館協力会
概要
香料を用いて香りを作り、これを楽しむ文化は、はるか古代に始まり、文明の発達とともに進化してきました。文明化された社会では、香りは人々の生活に欠かせないものとされ、人々は異国に香料を求め、貴重な香油や香木をおさめるために、贅(ぜい)を尽くし、美しくかざった器を用意しました。香りは目に見えるものではなく、形を残すものではありません。しかし、今日残される香水瓶、香道具の数々は、人々が愛した香りの文化を現在に伝えています。
本展では、今年創業100年を迎える高砂(たかさご)香料工業のコレクションより、香りにまつわる工芸品約230点を展示し、香りの歴史と文化をご紹介します。紀元前オリエントやギリシアの香油瓶から、日本の伝統的な香道で使われた漆芸品の数々、ヨーロッパ王侯貴族に愛された17世紀の陶磁器や20世紀香水メーカーの香水瓶まで、古今東西の「香りの器」が一堂に会するこの機会をどうぞお見逃しなく。
イベント情報
*手話通訳・要約筆記が必要な方は事前にご相談ください。

講座「香水の世界―香りに親しむひととき」
高砂香料工業より調香師をお招きし、香りを嗅ぐ体験をしながら、香水について学びます。
日時:11月7日(土)午後2時―(1時間程度)
場所:三重県立美術館講堂
講師:岡島佐知子(高砂香料工業 フレグランス研究所)
定員20名/参加無料/要事前申込
申込締切:10月28日(水)必着

連携講座「貴族の個性はお香から」
斎宮歴史博物館より学芸員が登場。日本古代の「香り」の歴史を学ぶ入門的な講座です。日時:10月31日(土)午後2時30分―(1時間程度)
場所:三重県立美術館講堂
講師:船越重伸(斎宮歴史博物館)
定員35名/参加無料/要事前申込
申込締切:10月21日(水)必着

イベント申込方法
上記の申込日までに往復はがき、または下記のウェブ申込フォームにてお申込みください。
往復はがきでお申込みの場合は、往信面に①参加希望のイベント名、②参加者全員の氏名(1通につき3名まで)、③当日連絡先(電話番号)を、返信宛名面に返信先住所を記載のうえ、「〒514-0007 津市大谷町11 三重県立美術館 イベント係」までお送りください。申し込み多数の場合は抽選し、締切から1週間後までに結果をお知らせします。
ホームページ
https://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/000241503.htm
会場住所
〒514-0007
三重県津市大谷町11
交通案内
■交通機関ご利用の場合

近鉄/JR 津駅西口から徒歩10分、または津駅西口1番のりばより、三重交通バス「西団地巡回」、「ハイタウン行き(東団地経由)」、「夢が丘団地行き(総合文化センター前経由)」、「総合文化センター行き」のいずれかに乗車2分、「美術館前」下車徒歩1分


■自家用車でお越しの場合

伊勢自動車道津インターチェンジより約15分、料金所を出られてすぐに左折していただくと、美術館への標識が要所にございます。
駐車場の収容台数は約130台ですが、展覧会によっては混雑のため駐車できない場合もありますので、可能なかぎり公共交通機関をご利用いただきますよう、お願い申し上げます。
ホームページ
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/
三重県津市大谷町11
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索