タイトル等
原田治 展 「かわいい」の発見
会場
佐野美術館
会期
2021-01-08~2021-02-14
休催日
木曜休館(2月11日は開館)
開催時間
10:00~17:00
(入館の受付は16:30まで)
観覧料
一般・大学生1,100円(800円) 小・中・高校生550円(400円)
※( )内は1月7日までの前売り料金(佐野美術館での取扱いは12月20日まで)※毎週土曜日は小中学生無料※15名以上の団体は各2割引※各施設の休業日にご注意ください。

前売券販売所(一般・大学生800円/小・中・高校生400円)
12月20日まで・佐野美術館
1月7日まで・セブンーイレブン/チケットぴあ各店(Pコード:685-413)・ファミリーマート各店(CNプレイガイド[Famiポート]にて直接ご購入ください)
当日割引券販売所(各1割引)
展覧会期間中・伊豆箱根鉄道駿豆線有人駅・セブンーイレブン/チケットぴあ各店(Pコード:685-413)・ファミリーマート各店(CNプレイガイド[Famiポート]にて直接ご購入ください)
主催者
佐野美術館、三島市、三島市教育委員会
協賛・協力等
後援:静岡県教育委員会 助成:三島信用金庫 協賛:伊豆箱根鉄道株式会社 協力:コージー本舗、トムズボックス、パレットクラブ 企画協力:世田谷文学館 企画制作:コスモマーチャンダイズィング 会場設計:五十嵐瑠衣 アートディレクション:服部一成
概要
OSAMU GOODSよ永遠に
1970年代後半から90年代にかけて、女子中高生を中心に爆発的な人気を博した「OSAMU GOODS(オサムグッズ)」の生みの親、原田治(1946-2016)。
50-60年代のアメリカのコミックやTVアニメ、ポップアートなどから影響を受けたイラストレーション―とりわけ、簡潔な描線と爽やかな色彩で描かれたキャラクターたちは、その後の日本の“かわいい”文化に多大な影響を与えました。
没後初の全国巡回展となる本展では、イラストレーターとして活動するきっかけとなった、1970年代「an・an」の仕事をはじめとして、広告・出版・各種グッズなど他分野にわたる作品を中心に、幼少期~20代前半の初期資料や、エッセイ集『ぼくの美術帖』関連資料も交えて展示し、時代を超えて愛される、原田治の全貌に迫ります。
イベント情報
※諸事情により変更や中止の場合があります。

消しゴムはんこでカスタムデザインのタンブラーをつくろう
日時:1月30日(土)14:00-16:00
講師:セヰワアキヱ(はんけしくんインストラクター)
会場:佐野美術館講堂 定員:12名
参加費:1,500円 共催:静岡県博物館協会 ※要申込・先着順

小中学生対象講座
消しゴムはんこでカスタムデザインのタンブラーをつくろう
日時:1月30日(土)9:50-12:00
講師:セヰワアキヱ(はんけしくんインストラクター)
会場:佐野美術館講堂
対象:親子(小学1~中学3年生) 定員:9組18名
参加費:1,500円(こどもくらぶ会員は1,000円)
共催:静岡県博物館協会
※要申込・先着順 ※イベントの前に展示室でギャラリートークを行います。

イベントのお申し込み・お問い合わせは当館まで
TEL 055-975-7278 ホームページ https://www.sanobi.or.jp/
ホームページ
https://www.sanobi.or.jp/exhibition/osamu_harada_2020/
会場住所
〒411-0838
静岡県三島市中田町1-43
交通案内
■電車をご利用の場合
○ JR東京駅より 新幹線こだま(58分)→JR三島駅
○ JR名古屋駅より 新幹線こだま(1時間47分)→JR三島駅

JR三島駅南口より
○ 伊豆箱根鉄道線(5分) → 三島田町駅下車 徒歩3分
○ タクシー10分
○ 南へ1.3km左側 徒歩17分

■バスをご利用の場合
JR三島駅南口より
○ 沼津登山東海バス (4番乗り場:新城橋行き又は、大平車庫行き)
○ 三島循環バス「せせらぎ号」(1番乗り場)で 佐野美術館下車。 庭園内を通って美術館へお越しください。

■お車をご利用の方
東名沼津I.C.、新東名長泉沼津I.C.より 伊豆箱根方面へ8km、三島玉川交差点を左折、二つ目信号を右折、次の角左折 (約20分)
ホームページ
http://www.sanobi.or.jp/
静岡県三島市中田町1-43
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索